映画

オリエント急行殺人事件/映画の無料動画や見逃しフル配信を視聴する方法!【吹き替え・字幕】

↓今すぐ
映画『オリエント急行殺人事件』
の無料動画を見たい人はこちら↓

【U-NEXT】
映画「オリエント急行殺人事件」
無料動画で視聴する!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

 

配信サービス 配信状況 無料期間
見放題
31日無料
配信なし
2週間無料

配信なし
2週間無料
配信なし
2週間無料

 

こんにちは、シュウです。

映画「オリエント急行殺人事件」は、2017年のアメリカのミステリー映画。

監督・主演をケネス・ブラナーが努め、1934年にアガサ・クリスティが発表した小説『オリエント急行の殺人』を原作としています。

 

この記事では、映画「オリエント急行殺人事件」を無料・安全にかつ快適で、さらに高画質で視聴できる方法を紹介していきます。

それでは、映画「オリエント急行殺人事件」【吹き替え・字幕】

  • 無料動画や見逃しフル配信
  • 視聴する方法

を中心に調査していきます。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「オリエント急行殺人事件」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『オリエント急行殺人事件』
無料動画で視聴する!

映画「オリエント急行殺人事件」を無料動画で安全にフル配信で視聴するには?

映画「オリエント急行殺人事件」を安全に無料動画でフル視聴することが可能で、動画配信サービスの「U-NEXT」で配信されています。

 

 

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

画質は「フルHD(1080p)」で4K(超高画質/2160p)にも対応しています!ちなみに、通常の動画配信サービスは、「HD画質(720p)」

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

 

登録は、簡単で約2~3分!!
解約も、所要時間が約1分!!

 

間にCMが入らないからストレスフリー!!

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ映画「オリエント急行殺人事件」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『オリエント急行殺人事件』
無料動画で視聴する!

 

映画「オリエント急行殺人事件」はpandoraやDailymotionとホームシアターで視聴できる?

pandoraやDailymotion・ホームシアターといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「オリエント急行殺人事件」を楽しみましょう!

 

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

映画「オリエント急行殺人事件」の作品情報

【公開日】
2017年12月8日(日本)

【上映時間】
114分

【監督】
ケネス・ブラナー

【脚本】
マイケル・グリーン

【原作】
アガサ・クリスティ 『オリエント急行の殺人』

【制作】

  • リドリー・スコット
  • マーク・ゴードン
  • サイモン・キンバーグ
  • ケネス・ブラナー
  • ジュディ・ホフランド
  • マイケル・シェイファー(英語版)

 

【出演者】

  • ケネス・ブラナー
  • ペネロペ・クルス
  • ウィレム・デフォー
  • ジュディ・デンチ
  • ジョニー・デップ
  • ジョシュ・ギャッド
  • デレク・ジャコビ
  • レスリー・オドム・Jr(英語版)
  • ミシェル・ファイファー
  • デイジー・リドリー

映画「オリエント急行殺人事件」のあらすじやネタバレ

エルサレムで事件を解決した私立探偵のエルキュール・ポアロが乗車していたオリエント急行の車内で殺人事件が発生する。

被害者はその前日にポワロに身辺警護を依頼してきた大富豪、エドワード・ラチェットであった。

ラチェットは12カ所を刺されて死亡していた。

 

ポアロが聞き込み調査を実施したところ、乗客乗員の全員にアリバイがあったことが判明する。

事件の捜査は暗礁に乗り上げたかと思われたが、ポアロは天性の直観と丹念な推理で事件の真相を暴き出していく。

しかし、衝撃の真相を前にしてポアロは懊悩することになる。

真実を優先すべきなのか、それとも、正義を優先すべきなのかと。

やがて、彼はある決断を下すことになる。

引用元:wiki

[the_ad id=”6380″]

映画「オリエント急行殺人事件」の感想や評価は?

邦画版でストーリー知ってたけど面白かった!
美女いっぱい、映像美いっぱい
シャーロックホームズとかの派手すぎていみわからん探偵より好き
昔NHKで放送されていた名探偵ポアロをよく見てました。
テーマ曲と、お仕置きだべ~で有名な声優さんの吹き替えで「灰色の脳細胞が・・・」の決まり文句。好きでしたー
そんな私と同じ人は、すっきりドラマ版ポアロのことは忘れてください。
だってケネスブラナーだもの。見た目がかけ離れ過ぎてる!
でもやっぱ演技上手なのねー。ポアロっぽさはちゃんと出てる。

そして、アガサクリスティーのドラマってどこか単調で色彩暗め、天候の悪いロンドン・・・といった感じで、面白いんだけど中盤で眠くなるのよね。。イギリスのハイソ階級のスノブな佇まいとか装いとか、殺人事件が似合ってワクワクするのだけどね。
この映画も同じ。表現しずらいのだけど、フィクションならではの派手なドラマチックさの演出に欠ける。それが魅力でしょ!!!って言われちゃったらそれまでなのだし、それではアガサクリスティ作品ではなくなってしまう気がするのだけど。
好きなんだけど、私には上品過ぎちゃうのかなー。だから面白いのに眠くなっちゃうのかな。

小学生くらいの頃、70年代作の映画のほうをレンタルしてVHSで初めて見たときは衝撃の結末で、結末を知っている母にドヤ顔をされた記憶があります。
やっぱりこの結末は画期的!
でもね、ポアロを知らず、シンプルに一つの探偵モノとして見ると、すべて推理でしかないことに気づいた。自供に追い込んでるだけ。証拠を固めて、どうだ!言い逃れなんて出来やしないだろう!というわけでは決してないのよね。イマドキの犯人なら「なんて想像力が豊かな探偵さんなんでしょう」で終わってしまう。。。

いまさら、ポアロに対してものすごく違和感を感じてしまった映画でした。

最近1974年版を見たばかりなので、いろいろ比べて見ちゃうけど、
こちらのオリエント急行殺人事件もおもしろい。

キャストがこちらも豪華。

CGの進歩で外の景色とか場面は、
合成なんでしょうね。
もしかしたら列車の中のシーンもそうかな。

列車を上から俯瞰するシーンは、
ハリーポッター ぽいというか、
DESTINY 鎌倉ものがたり ぽい感じもした。

ちょっぴり急ぎ足で物語が進んじゃうけど、

[オリエント急行殺人事件]は、[シンデレラ]のケネス・ブラナー監督・出演によるミステリー映画である。ペネロペ・クルス、ジュディ・デンチ、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファーなど豪華キャストが出演している。製作はリドリー・スコットが担当している。アガサ・クリスティが原作である。[オリエント急行殺人事件]は1974年にシドニー・ルメット監督により映像化されている。1974年版はとても好意的な作品である。今作は、ケネス・ブラナーらしい煌びやかな映像とセット、俳優たちの演技により上手くバランスを取ることが出来ている。そのため、[オリエント急行殺人事件]のリメイクは挑戦的でありながらも、価値のある好ましい作品に仕上がっているといえるでしょう。

言わずとしれたアガサ・クリスティの名作。ミステリーの定番。予告編で、「名優たちが必要だった」と謳っていた理由もよく理解できる。

これまで何度も各国でドラマや映画、舞台の題材になり、更にファンなら原作だって熟読している。だから当然「ストーリー」はみんな知っているし、そこは評価の対象にならない。となると評価の対象になるのは俳優の演技力、また監督の演出になる。観客の多くが「過去の作品と比較してどうだったか?」とか「原作と比較してどうだったか?」という視点で作品を評価する。「探偵はBARにいる3」は、大泉洋しか演じた人はいない。だから彼の演技を観て「こんなものかな」と思うしかない。でも「オリエント急行殺人事件」は、そうはいかない。ポアロなんて、これまで数えきれないくらいの人が演じてきた。吹替でも日本ならアニメで里見浩太朗が演じたことがある。比較材料はそれこそ数えきれないくらいある。日本なら金田一耕助を思い浮かべてくれれば分かりやすいと思う。仮に今後「八つ墓村」や「犬神家の一族」のドラマや映画が作られたとしたら、どんな視点で観るかを考えてくれれば僕が言いたいことは理解できると思う。

で、そういったハードルを乗り越えるために名優たちが必要だった。具体的に言えば彼等の「演技力」、そして「ネームバリュー」が必要だった。はっきり言って、どういう風に作っても全てのファンを納得させるのは不可能。「一番美味しいお味噌汁」を議論するようなものだから。まず出汁は鰹、いりこ、昆布、焼きあご、どれにすべきか。具は一種類にすべきか複数入れるべきか…。一種類なら豆腐、わかめ、油揚、ネギ、どれにすべきか…。みんな思い入れが強すぎて、決着なんて永遠につかない。それを無理矢理にでも纏めることが出来るとしたら、それは「ブランド」の力。「永谷園」、「旭松」、彼等ならどんなに味にうるさい人にも100パーセント納得できなくても、「まあ、こんなものかな」、「これはこれでありかな」と思わせることが出来ると思う。

だから、この作品についても「解釈の一つ」として捉えるのがいいのではと思う。今後も自分が「100パーセント納得出来る」オリエント急行殺人事件には絶対に出逢えない。お味噌汁の味が各家庭で全然違うみたいに。少なくとも絶対的な意味で「正解は存在しない」と思う。だから「定番」は難しい。

豪華列車、かの有名な豪華客船ぽくて思い出してちょっとしゅんとしちゃった。。ラスト、乗客ひとりひとりの繋がりが見えてくるところは流石ミステリーだなあ!ってわくわくするんだけど、旅できてない影響(?)からか部屋の備え付けのベッドに横になって本読むポアロとか朝食とるシーンとかにじわっとくんだよな… よくあるシリーズみたいに「俺がポアロだ」みたいなの、あるある→これこれって結局すんとするね。

アガサ・クリスティ原作の推理小説映画化。探偵エルキュール・ポワロは豪華寝台車の殺人事件を解決できるか?

有名作品ということで原作のイメージは大事だし、過去の映像化との違いを見せなければならない。難しい題材ではあったと思う。
違いは超豪華キャストに見出したか。主演級の有名俳優たちがたちが次々と列車に乗り込んでくるシーンはワクワクした。これは主演・監督のケネス・ブラナーの人徳かもしれない。「主演は俺」ならばポワロのイメージから遠くても仕方あるまい。なかなかイカツイ印象のポワロになっている。寝てる時の髭カバーは可愛かったけれども。
作りとしては冒頭、エルサレム~イスタンブールの辺りでポワロが優れた探偵であることを説明するシーンがイマイチ頭に入ってこなかった。列車が出発するシーンは美しく、中盤に進んでいく転換点なので印象的。監督としてのケネス・ブラナーは撮影に意欲的なのか、列車を外から撮って後ろから前まで流したり、車内を真上から撮るなど、何かやってやろう感がある。終盤、機関車の前で謎を解き明かすシーンは舞台演劇を意識していそう。人物のアップを多くしたのは風景の変わらなさを役者の力で補いたかったのかもしれない。
ケネス・ブラナーの、ポワロへの意欲を感じられる作品。

アガサ・クリスティの同名小説の映画。
昔から何度か映画化され、ドラマ化もされていますね。
当時、私もテレビ放送でよく見ていました。
アガサ・クリスティや、コナン・ドイルの小説が流行っていて
(私の周りだけかもしれませんが)、シリーズ読破のために学校の図書館で争うように借りて読んでいたのを思い出します。

この作品が公開されるのを知り、懐かしさとリアルタイムの嬉しさ
でワクワクしながら見に行きました。(上手く書けませんが、子供の頃見た作品は、今私が見ると懐古的で時間がずれている感じがするのです。わかりにくいですね)

もちろん灰色の脳細胞は健在でした。
私の今まで作り上げてきたイメージ(几帳面でフランス訛りのハンプティダンプティなベルギー人)を見事に転覆させた、格好良いポワロでびっくりしました。まずい、かなりドキドキしました。

アガサ・クリスティの作品は殺人事件という非日常の事件がおこる割には日常的に時間が過ぎるイメージだったのですが、この作品ではうまく緩急をつけていたなと思いました。
次回に繋がる伏線があるのも好きでした。

有名な作品だからこそ、作り手によって作風が変わる楽しみを味わえた作品でした。

初アガサ・クリスティ。
リメイクということで気になっていた!!

オリジナルを観たことがなく、小説も知らず、犯人もわからない状態での鑑賞。
構成が昔の映画、という感じ!
後半少し予想できてしまったけど、リメイクされる理由はなんとなくわかります。

“この世には善と悪しかない、その中間はあり得ない”

というセリフを掲げてのこの展開は好きです!
あとフィクションだけでないと聞きプラス!!

あの時代の作品と考えると衝撃的だったのかなー!ヘイトフルエイトを観た後の気分と似ている…。

ただ、「あージョニーデップがこの役かー」とか「アガサ・クリスティーの他の作品にはない犯人だよ」とか「ポアロが少し違うなー」とか小言を挟む母が横にいたのでこんな印象になっちゃったかな。ごめんなさい笑 それも思い出。

引用元:Amazonレビュー

 

[the_ad id=”6380″]

オリエント急行殺人事件/映画の無料動画や見逃しフル配信を視聴する方法!【吹き替え・字幕】のまとめ

今回の記事では、オリエント急行殺人事件/映画の無料動画でや見逃しフル配信を視聴する方法!【吹き替え・字幕】について紹介してきました。

紹介した動画配信サービスを使って、快適にかつ安全に映画やドラマ、アニメなどを楽しみましょう!

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「オリエント急行殺人事件」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】映画「オリエント急行殺人事件」
無料動画で視聴する!

(本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)