イベント

レコード大賞2019観覧募集と当選結果はいつ?倍率や応募方法も調査

こんにちは、シュウです。

先日、2019年のレコード大賞の優秀作品賞が発表されて話題になりましたね。

 

今年の注目は、シンガー・ソングライター、米津玄師(28)がプロデュースした「パプリカ」を歌う小中学生ユニット「Foorin」ですね!

 

幼稚園・小学校の間では「パプリカ・ダンス」が大ブームを巻き起こしており、運動会ではほとんどの学校がこの「パプリカ・ダンス」を取り入れたのではないでしょうか?

 

そして、ユーチューブの再生回数も1億超えととんでもない回数。はたして今年の栄冠は、3連覇を狙う「乃木坂46」か「Foorin」かそれとも!?大注目です!!

 

それでは、レコード大賞2019年の

  • 観覧募集と当選結果はいつ?
  • 倍率や応募方法

を中心に調査してみたいと思います。

<

レコード大賞2019観覧募集はいつ?応募方法も

それでは、2019年のレコード大賞の日程などの概要をみていきましょう。

レコード大賞2019年の日程と時間

<名称>

「第61回輝く!日本レコード大賞」

 

<開催日時>

2019年12月30日(月) 17:30~

 

<会場>

  • 新国立劇場 (東京都渋谷区本町一丁目)
  • 収容人数:1,038人

 

<主催>

公益社団法人日本作曲家協会

 

<後援>

TBS

 

◎◎「レコード大賞・TBS公式サイト」 

 

レコード大賞2019年の観覧募集

続いて、レコード大賞2019年の観覧募集についてです。レコード大賞は、一般の人も観覧することができます。

 

ぜひ、当選して本人や生演奏を直接聞いてみたいですね。それにはまず観覧の応募をしないと!

 

ですが、2019年のレコード大賞の観覧募集はまだ公表されていないので、わかりましたら追記しますね。

 

ちなみに例年だと、だいたい12月の上旬くらいに観覧募集が発表され、中旬くらいに締め切りというパターンが多いですね。

 

レコード大賞2019年の応募方法

続いて、応募方法についても見てみましょう!

応募方法は、2パターン。

  • ネット申し込み
  • はがきの郵送

になっています。

 

★ネットの申込みは、「TBS観覧募集ページ」から応募。

◎◎「TBS観覧募集ページ」はコチラ 

 

★はがきの申込みは、必要事項を記入して郵送。

【必要事項】

  • 希望人数(1〜3名)
  • 代表者の住所
  • 氏名
  • 年齢
  • 電話番号本年度の受賞者の中で特に応援している受賞者名と、その方々にひと言
  • 同行者の氏名
  • 年齢

 

【応募宛先】
〒107-8066 TBSテレビ
『第59回 輝く!日本レコード大賞』(12/30)観覧係

 

【締切】
2018年は、12月15日(金)必着でした。

コチラも正式に観覧募集が発表されましたら、追記していきますね。

スポンサーリンク



レコード大賞2019観覧募集の当選結果や倍率

そして、一番気になるレコード大賞・観覧募集の当選結果ですね。

 

コチラも現時点だと発表がまだなので、わかりましたら追記します。観覧募集に記載があるので、例年だと12月25日くらいまでに当選者に通知を送付という形でお知らせがあります。

 

そこで、レコード大賞の観覧の倍率がどのくらいか知りたいですね。正式に主催者側から発表がないので正確にはわかりませんが、ネットなどの情報によると

 

「約400~450倍」

 

くらいあるようです。先日、東京オリンピックのチケットが全然当たらない!と話題になりましたね。種目にもよりますがその時の倍率が「50~100倍くらい」と言われていました。

 

なので、以下にとんでもない数字だということがわかります。でも、紅白歌合戦の観覧倍率は、それ以上・・・

 

参考までにその他の観覧募集の倍率を調べてみました。

  • プロ野球ドラフト会議:15~30倍
  • ジャニーズカウントダウンコンサート:50~100倍
  • 紅白歌合戦:800~900倍
  • Mステスーパーライブ:50~100倍

 

ネット上だとこのような感じになっており、やはり紅白歌合戦だけが天文学的数字に近いくらいな観覧倍率になってますね。

 

レコード大賞2019観覧募集と当選結果はいつ?倍率や応募方法も調査のまとめ

今回は、レコード大賞2019観覧募集と当選結果はいつ?倍率や応募方法も調査について書いてきました。

 

レコード大賞の観覧募集などの日程は、ちなみに例年だと、「だいたい12月の上旬くらいに観覧募集が発表され、中旬くらいに締め切りで当選発表が12月25日くらい」というパターンが多いですね。

 

さらに倍率が「400~450倍」なのは驚きですね。あまり期待しすぎると落選したときのショックが大きいので、気軽に応募したほうがいいかもしれないです!