映画

ロストワールド/ジュラシックパーク2/映画の無料フル動画や見逃し配信を視聴する方法!【吹き替え・字幕】

↓今すぐ映画『ロストワールド・ジュラシックパーク』の無料動画を見たい人はこちら↓

【U-NEXT】
映画『ロストワールド・
ジュラシックパーク

無料動画で視聴する!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

 

配信サービス配信状況無料期間
見放題
31日無料
配信なし
2週間無料

配信なし
2週間無料

配信なし
2週間無料

 

こんにちは、シュウです。


映画「ロストワールド・ジュラシックパーク」は、前作から4年ぶりに続編として公開されました。

そして、前作から更に最新のVFXも使われ、恐竜たちの種類や動き、人間の襲い方も多彩になり、より恐怖の演出がパワーアップしています。

 

この記事では、映画「ロストワールド・ジュラシックパーク」を無料・安全にかつ快適で、さらに高画質で視聴できる方法を紹介していきます。

それでは、映画「ロストワールド・ジュラシックパーク

  • フル動画配信
  • 無料視聴する方法

を中心に調査していきます。

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「ロストワールド・ジュラシックパーク」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『ロストワールド・
ジュラシックパーク

無料動画で視聴する!

映画「ロストワールド・ジュラシックパーク2」を無料動画で安全にフル配信で視聴するには?

映画「ロストワールド・ジュラシックパーク」を安全に無料動画でフル視聴することが可能で、動画配信サービスの「U-NEXT」で配信されています。

U-NEXTで映画「ジュラシックパーク」シリーズ見れる!!

 

U-NEXT」は月額課金のオンデマンド配信サービスですが、31日間の無料トライアル期間が設けられており、その間で解約してしまえば完全無料で視聴することができます。

過去の放送などでは一部追加課金が必要な番組もありますが、

新規登録で31日間の無料トライアル期間だけでなく、課金ポイント600円分がもらえるので、課金が必要な一部ドラマや新作の映画なども600ポイント分無料で視聴することができるので、お得に視聴することができるのでオススメです。

画質は「フルHD(1080p)」で4K(超高画質/2160p)にも対応しています!ちなみに、通常の動画配信サービスは、「HD画質(720p)」

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

 

登録は、簡単で約2~3分!!
解約も、所要時間が約1分!!
間にCMが入らないからストレスフリー!!

 

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ映画「ロストワールド・ジュラシックパーク」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『ロストワールド・
ジュラシックパーク

無料動画で視聴する!

映画「ロストワールド・ジュラシックパーク2」はpandoraやDailymotionで視聴できる?

pandoraやDailymotion・9tsuといったサイトで動画が違法にアップロードされている場合があります。これらのサイトに違法にアップロードされた動画を視聴すると、パソコンのウイルス感染、不正アクセス、あらゆるネット詐欺に巻き込まれたりするなど、様々な危険が伴います。

 

その上これらのサイトの動画は画質・音質共に悪く、通信速度が遅かったりする為、せっかくの作品の良さが半減してしまいます。

違法サイトでの動画視聴は避け、これから紹介する方法で安心安全かつ快適に映画「」を楽しみましょう!

 

  • 違法アップロードなのですぐに消去される。
  • 最近は、動画を探すのが大変で時間がかかる。
  • PCやスマホのウィルス感染の恐れがある。
  • 低画質・低音質で視聴するのが大変!
  • CMや広告が多すぎ!

映画「ロストワールド・ジュラシックパーク2」の作品情報

【公開日】
1997年7月12日(日本)

【上映時間】
129分

【監督】
スティーヴン・スピルバーグ

【脚本】
デビッド・コープ

【制作】
コリン・ウィルソン/ジェラルド・R・モーレン

【出演者】

  • (イアン・マルコム博士)ジェフ・ゴールドブラム
  • (ジョン・ハモンド)リチャード・アッテンボロー
  • (サラ・ハーディング博士)ジュリアン・ムーア
  • (ローランド・テンボ)ピート・ポスルスウェイト
  • (ニック・ヴァン・オーウェン)ヴィンス・ヴォーン
  • (ピーター・ルドロウ)アーリス・ハワード
  • (エディ・カー)リチャード・シフ
  • (ケリー・マルコム)ヴァネッサ・リー・チェスター
  • (ディーター・スターク)ピーター・ストーメア
  • (ティモシー・マーフィ)ジョセフ・マッゼロ

映画「ロストワールド・ジュラシックパーク2」のあらすじやネタバレ

前作から4年、再び島を訪れた調査隊の死闘を描くシリーズ第2弾。

崖からのトレーラー落下危機、アメリカ本土に上陸したティラノサウルスの暴走など、パニックの狂い咲きだ。

インジェン社のハモンドより、恐竜生産の拠点だった「サイトB」の存在を知らされたマルコムは、すでに出発したという恋人の古生物学者サラを追って現地へ。

するとハモンドの甥でパーク再建を目論むルドローの部隊も上陸し、次々と恐竜を生け捕りに…。

引用元:wiki

スポンサーリンク



映画「ロストワールド・ジュラシックパーク2」の感想や評価は?

「ジュラシックパーク」の続編。シリーズ2作品目。
スティーブン・スピルバーグ監督、主演ジェフ・ゴールドブラム。
ジュラシックパーク事件から4年、コスタリカ沖の孤島、通称「サイトB」では、パークのために育てられた恐竜たちが事件後放置されて繁殖し、恐竜たちの楽園「ロスト・ワールド」と化していた。
元パークの創業者ジョン・ハモンドは、古生物学者サラ・ハーディングら4人の専門家に恐竜保護のための調査を依頼するが、話を聞いたサラは単身島に入ってしまう。同様に依頼を受けた前作の登場人物である数学者イアン・マルコムは、恋人であるサラを救助するため、他の専門家と共に再び恐竜の生きる島に潜入するが、ハモンドの甥ルドローの組織した恐竜ハンターたちもまた島を目指していた…。

傑作の続編は難しい。
観る側のハードルは自然と高まり、期待を外された時は反動で酷評の憂き目にあう。
今作は一般に「残念な続編」と言われる作品である。

本作は単独で観ると面白い場面がたくさんある。
何しろスピルバーグ監督なので、一定水準以上のパニック映画を作ることなど、朝飯前である。
特に技術の進化によって、群れを表現できるようになった恐竜たちの描写は観ているだけで楽しい。
コンピーの群れ、ステゴサウルスの群れ、恐竜狩りの追いかけっこ、T-REXの夫婦、ラプトルの群れなど前作以上に恐竜の群れを見ることができる。
また、さすがスピルバーグ監督と思わせられるスリルと興奮の詰まったシーンは今作でもたくさん見られる。
特に印象に残ったのは、トレーラーのフロントガラスがぱきぱきと割れていくシーンやテントを通して巨大な影が映るシーンのスリル、そして終盤のプールのある家の子供のシーンのシリアスな笑いなどである。
終盤の展開などは、良くも悪くもスピルバーグ節全開でこれはこれで楽しい。

これら楽しい要素も多いにも関わらず、今作が残念な続編と感じる理由は、大きく3つあると思う。
前作の魅力が大幅に省かれた点、キャラクターに魅力がない点、作品全体として爽快感あるいはカタルシスが乏しい点、である。

前作の魅力は、パニック映画としてのスリルだけでなく、バイオSFとしての知的な面白さ、パークのシステムをめぐるサスペンス、生命科学に対する深いテーマ性などにもあった。
今作ではこれらの要素は全てカットされてしまっている。
またクローズなパークから、単なる孤島に舞台が移り、近代兵器を大量導入できない理由が失われたため、スリル自体が後退している。
それもそのはず、これらの魅力は「遺伝子操作で蘇らせた恐竜のテーマパーク」という秀逸過ぎる設定の副産物なのだ。
この設定が崩壊した後日譚である今作で、パークを前提とした要素が成り立つはずがない。
また前作の最大の魅力は、「生きている恐竜を初めて見た」という感動にあった。さすがに続編では、恐竜たちは観客が一度見たものであり、感動は大きく減退せざるを得ない。
要するに、前作の魅力の減退という名の、無い物ねだりなのだ。
このように、根本的に、ジュラシックパークの魅力を継承した続編を作るのは極めて難しいのである。
ジュラシックシリーズの歴史は、この難題に対するチャレンジの歴史と言える。
むしろ、今作は前作の縛りから脱し「恐竜ハンター」という新展開にトライした意欲作と評価すべきなのかもしれない。

次にキャラクター。
この作品は、人間の愚かさがテーマであるかのように思えるほど、愚かしい行動のオンパレードである。
特に主人公の恋人サラと、主人公に同行する写真家ニック。
詳細は省くが、行動の迂闊さ、人命軽視ぶり、他人に振り撒く迷惑の数々、そして何より自らの行動の重大な結果を省みず、自分を正当化して憚らない傲慢さは目に余る。
とはいえ、今作の「孤島の恐竜の楽園でのサバイバル」という物語構造上、人間の愚かな行動がないと話は進まないし、ピンチやスリルは生まれない。
そして、自分の行動を後悔しまくるキャラクターというのも動かしにくいだろう。
パニックものやホラーのキャラクター造形は、そもそも難しいのだ。
完璧な判断をするキャラクターばかりのホラーの何が面白いというのだ?
なお、前作でエキセントリックな魅力のあったイアン・マルコムは、今作ではサラという暴走人間と行動力のある娘ケリーに挟まれて、すっかり真人間になっている。

最後に爽快感あるいはカタルシスの欠如。
因果応報の鉄槌は、下されるべき人物に下されない(一部はきっちり報いを受けるが)。
かと言って、人間の傲慢さによる不条理な悲劇を見せつけるでもない、中途半端な予定調和ぶり。
前作のラストシーンには安堵感と感動を覚えたが、今作のラストシーンに前作ほどの余韻はない。
しかし、監督が一番やりたかったであろう終盤の展開と、主人公やサラたちの動物愛護という行動原理、そして家族向けというターゲット層を考慮した場合、他にどんな結末があり得ただろうか?
どんな結末でも不満が出るなら、今作のラストは落とし所として悪くないように思える。

こうして振り返ると、前作の作品をそのまま求めるファンの期待に応えるのは、そもそも無茶ではないか、むしろスピルバーグは、続編という縛りの中で健闘した方ではないか、という気すらしてくる。

ただ一点、納得いかない点がある。
ヴェロキラプトル至上主義者の立場からは、彼らの扱いの雑さに憤りを覚えざるを得ない。
「もっともっと、序盤からラプトルの怖さを強調して、ドーンと見せ場作ってくれよ!!
これではラプトルがただのバカなトカゲみたいではないか!」
初見時の感想は、まさにコレであった。
ラプトルは前作が世の中に広めた新しい恐竜像の象徴的恐竜だったのだ。
その失墜!
推しのアイドルの不遇の扱いにオールドファンが怒るのは当然の帰結である。
今振り返ると、それなりに中盤の要所を任されているし、マイケル・クライトンの小説を読むと、サイトBのラプトルたちが連携が取れていない理由が描かれているので、小説準拠と言えなくもないのだが。

上で述べたとおり、今作のテーマが人の愚かしさであるとすれば、嫌というほど表現されている。
なお、今作のメタ的なテーマは、傑作の続編は難しい、だと思う。

総じて、前作の高いハードルに果敢に挑み、新たな展開も提示して見せた意欲作、というところか。
好みでない部分も多く含むのに、何度も見てしまうのは、恐竜が好きなんだなあ。結局。

なお、ジュラシックパークの原作者マイケル・クライトンは今作と同名の小説を書いているが、前作と異なり、映画と小説の内容は全くの別物である。
小説の方は、恐竜サバイバルの魅力はもちろんのこと、イアン・マルコムのカオス理論も炸裂し、恐竜の絶滅に関するサイエンス・ミステリーとしても秀逸な力作である。ラプトルも活躍する。

前作に比べて登場する恐竜の個体数も増え、襲われる人間の数も増え、さらには都会にもティラノサウルスが登場するというなにもかも物量が増えているにも関わらず、豪勢になっている感じは一切しないという不思議な映画。

やはりいくらティラノサウルスが魅力的だと言ってもとりあえず出しときゃいいというものでもないんだなという。
そりゃ高級肉のステーキだって年に1回くらい食べるから美味しくて感動するのであって、毎回それを出されたら胸焼けするのと同じ感覚である。

1作目で登場した数学者のマルコム博士が主人公。
彼ははじめは胡散臭い女たらしのような怪しげな人として登場するのだが、実は科学者として1本芯の通った信念や倫理観を持ち、さらには自ら体を張っておとりとなって子どもたちをティラノサウルスから助ける男の中の男であり、そのギャップからかなり魅力的な男であったため、そのマルコム博士が主人公ならばもちろん面白くなるに違いないはずなのである。

もちろん彼は活躍するのだが、彼を取り巻く恋人のサラ、子ども、道中で出会う恐竜ハンターたちが結局何をしたいのかよく分からない行動ばかりするため、一事が万事チグハグな場面ばかりで、2時間基本的にパニック続きなのに、ドンドン退屈になってきてしまう。
そしてマルコムの良さをうまく引き出せていなかったことが1番残念だった。

しかし良かった点もある。
ティラノサウルスに踏まれた死体が足の裏にへばりついたままになっていたり、船にバラバラになった死体が散乱しているのは相変わらずスピルバーグセンスがいいなと感心した。

前作よりも期待感は薄かったが、想像以上に良かった。

ワクワクもハラハラも前作よりも強く感じられ、前作からのテーマである「人間至上主義の危険性と批判」もより強化されている。

また本作では「親子」という軸も加わっており、これがテーマに効いてくる。

作中「恐竜たちには何の権利もない。創り出した私たちに全ての権利がある。」というようなセリフがあり、これはまさしく人間至上主義により神を超えた人類が更なる(神以上の)神性を獲得せしめんとする傲慢さであり、畜産や動物実験に対する人間の姿勢を問われる。

人間は他の動物より圧倒的に強いが、強ければ他の種の生命の権利を奪ってしまってもいいのか?

ただ、ラストの麻酔銃のシーンはあまりにスピーディで、笑ってしまった。

▽言わずと知れた恐竜アドベンチャー『ジュラシック・パーク』シリーズ第二弾。
▽おはなし:前作のジュラシック・パーク計画の裏で、恐竜を実験的に生産していた「サイトB」にて繰り広げられるサバイバル劇です。主人公は前作にも登場した数学者のマルコム博士。前作のプレイボーイな性格はもはや伺えず、落ち着きと正義感のある男性として描かれています。
▽冒頭でコンプソグナトゥスが少女を襲うシーンが本当にトラウマなんですよね。一応「軽傷ということになっている」らしいですが…。

▽まず初めに、本作の大綱は「恐竜島へ行くぞ!」→「ティラノサウルスの怪力がたいへん!」→「ラプトルの連携攻撃がたいへん!」と前作と全く変わりありません。というかこのシリーズほぼこんな感じです。
▽昔から印象に残っているのは、①草丈の高い草原でラプトルが軍隊を襲うシーンと②ティラノサウルスが夜の住宅街にお邪魔するシーン、③ティラノサウルスの子どもが“ごはんの練習”をするシーンです(②③については終盤の展開のネタバレになるので詳細は伏せます)。緊迫感・躍動感あるアクションシーンよりも、このような一歩引いた視点から狩りを鑑賞できるシーンに光るものを感じます。
▽第一作が非常に高い完成度を誇っていたこと、肉食恐竜中心なモンスターパニックに終始していることから、本作の評判は芳しくないようです。
▽「やっぱり『ジュラシック・パーク』は面白いなぁ!続編も観たくなっちゃったなぁ!」と強く期待して観るよりも、「よぉしなんだか恐竜が人を食べている画が見たいぞぅ」と血の気が多くなっている夜のお供に…ぐらいの感覚が良いのかもしれません。

シリーズ物の二作目は常に一作目と比べられる運命にあるが、どちらが好きかと言われると悩むくらい繰り返し見た映画。

おそらく前作「ジュラシック・パーク」は、肉食恐竜といえばティラノサウルスというそれまでのイメージに対して、俊敏で狡猾、比較的小型の恐竜ヴェロキラプトルの脅威をメインに描いたこともヒットの理由だと思う。
そして今作はそれをきちんと引き継いでおり、「ティラノサウルスばかりに気を取られているとアイツがやって来る」という本シリーズの伝統を作り上げた。

さらに「ジュラシック・ワールド 炎の王国」のレビューでもすこし触れたように、女性と子どもの活躍もシリーズ通しての伝統と言えると思う。
前作のエリーに続きサラ、ティムとレックス(素晴らしいネーミング)に続きケリーの強さと賢さが伝わってくるシーンは見ていて気持ちいい。

もちろんT-Rexの魅力も前作に引き続きたっぷり描かれている。
特にすごいのが、T-Rexサンディエゴへ行く編。
都会のビル群の合間に巨大な怪獣がチラッと見える光景はわたしも何度か夢見たことがあり、この映画の後半はそれをまさに映像化してくれている。
個人的に動物保護局の車が来るシーンがツボです。

そしてなんと言ってもかっこよすぎる劇伴!!!
ジョン・ウィリアムズの音楽はどれもかっこいいと思うけど、今作のテーマがいちばんすきかもしれない。
壮大だけど厳かな圧力のある響きに加わるタンバリンの音は何度聞いてもテンションが上がってしまう。
どう書けば伝わるかわからないのが悔しい。

トレーラーのシーンが恐竜の脅威と直接的に関係がないため蛇足だと言う方もいるけど、わたしはこのシーンだいすきです。
今作に限らず、スピルバーグ監督の映画では対外的な脅威によって極限のシチュエーションに追いやられてから起こる出来事にこそ登場人物やストーリーの魅力があると思っています。

長くなったけど、これからも何度も繰り返し見たい一作です。

引用元:Amazonレビュー

 

スポンサーリンク



ロストワールド/ジュラシックパーク2/映画の無料フル動画や見逃し配信を視聴する方法!【吹き替え・字幕】のまとめ

今回の記事では、ロストワールド/ジュラシックパーク2/映画の無料フル動画や見逃し配信を視聴する方法!【吹き替え・字幕】について紹介してきました。

紹介した動画配信サービスを使って、快適にかつ安全に映画やドラマ、アニメなどを楽しみましょう!

U-NEXTなら31日間の無料トライアルで

今すぐ
映画「ロストワールド・ジュラシックパーク」を
無料動画で視聴可能!

※登録だけでは、費用は発生しません。
期間内に解約すれば、無料で動画を見放題!

【U-NEXT】
映画『ロストワールド・
ジュラシックパーク

無料動画で視聴する!

(本ページの情報は2020年7月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。)