野球

林勇成(作新学院)の出身中学と身長や読み方は?球速や球種と家族も調査!

台風10号の影響によって久しぶりに夏の甲子園が順延になりましたね。選手達は連日の暑さや激しい戦いの休養日となりよかったのではないでしょうか。

 

試合の方もベスト16が出揃い、いよいよって感じになってきましたね。波乱が多かった地方大会に比べて、戦前に優勝候補と言われた星稜・東海大相模・履正社、智弁和歌山などが順当に勝ち上がってます。

 

筆者もほとんどの試合を見ているのですが、やはりセンバツと違って各学校の打線の破壊力が春に比べて格段に上がってます。

 

また、強打の作新学院で有名ですが、9年連続の夏の甲子園出場を支えたエースの林勇成くんを紹介したいと思います。

 

それでは、林勇成くん(作新学院)の

  • 出身中学や身長と読み方は?
  • 家族や彼女
  • 球速や球種

 

を中心に調べていきますね。

<

林勇成くん(作新学院)の出身中学・シニアや身長と読み方

 

それでは、簡単に林くんのプロフィールを見ていきましょう!

  • 生年月日:2001年度生まれ
  • 読み方:はやし ゆうせい
  • 身長:178cm
  • 体重:80kg
  • 出身地:栃木県鹿沼市
  • 出身中学校:鹿沼市立北犬飼中学校
  • 出身シニア:上三上ボーイズ
  • ポジション:投手
  • 投打:右投・左投

 

<夏の栃木県大会の成績>

  • 試合数:4
  • 回数:23 1/3
  • 被安打:24
  • 奪三振:17
  • 与四死球:5
  • 失点:8

 

中学時代は、上三上ボーイズに所属し中学3の時にボーイズ選手権(2回戦)にも出場。

作新学院に進学後は、3年連続で夏の甲子園に出場しています。また、3年の春には、右肩の炎症を伴い春季大会は登板回避しますが、夏の県大会には間に合いました。

 

また、昨年の夏の甲子園で大阪桐蔭(1回戦)との試合にもチームは敗れましたが、登板しています。

藤原くん(ロッテ)と根尾くん(中日)にヒット打たれて、1回2安打2失点と結果はよくありませんでしたが、ドラフト1位の2人と対戦できたのは大きな財産になったのではないでしょうか。

スポンサーリンク



林勇成くん(作新学院)の球速や球種

 

続いて、林くんの球速はMAX140キロ。

 

球種は、現時点で確認が取れているのは、

  • ストレート
  • スライダー
  • カーブ

 

ストレートは、常時130~135キロとそれほど球速はありませんが、角度をつけて内外角に投げ分けるコントロールが良く打たせて取る投球が基本です。

 

また、110キロ台のカーブが緩急さをつけされに浮き上がりながら落ちてくる、昔のドロップカーブなので高低差も。スタミナもあるのでエースとして作新学院を牽引しています。

林勇成くん(作新学院)の家族と彼女

続いて林くんの家族に関してですが、ネットで探しましたが残念ながら有力な情報は見つかりませんでした。今後の活躍で少しずつ分かってくると思いますので追記していきますね。

 

また、これほどの選手なのでしかも作新学院は共学なので、どうしても彼女のことが気になりますよね。ただ、高校球児は強豪に行けば行くほど練習量が多くほとんどの時間を野球に費やします。

 

なので、なかなか彼女を作って遊びに行くといったことができません。おそらく林くんもそんな感じなのではないかと個人的に考えています。

まとめ

今回は、林勇成(作新学院)の出身中学と身長や読み方は?球速や球種と家族も調査!について書いてきました。

 

林くんの出身中学や身長などは、

  • 読み方:はやし ゆうせい
  • 身長:178cm
  • 体重:80kg
  • 出身地:栃木県鹿沼市
  • 出身中学校:鹿沼市立北犬飼中学校
  • 出身シニア:上三上ボーイズ

でした。

 

作新学院は、強力打線なのでどうしてもバッティングに注目しがちですが守備も相当鍛えられています。

なので、打たせて取るピッチングが主体の林くんも安心して打たすことができますね!