野球

岡田大響(星稜)の読み方や出身中学と身長は?成績と彼女や家族も

こんにちは、シュウです。

あっという間に、今年の夏の甲子園も決勝を残すのみとなりましたね。

地方大会では、波乱が多かったのに対して甲子園では前評判通りの学校が勝ち進んでいるように個人的には感じました。

 

そして、優勝候補の一つをしてあげられていた星稜が実力通りの力を発揮し、決勝まで勝ち残りました。

 

もちろん星稜には高校最強の奥川くんと山瀬くんのバッテリーがいますが、それだけで甲子園を勝ち残れるほど甘くはないですね。

 

なので林監督も含め星稜チーム全体がすごく充実しており、力を発揮しているからここまでこれたと個人的に思っています。

 

今回は、夏の石川県大会では不調でしたが、甲子園に入って絶好調の岡田大響くんを紹介したいと思います。

 

それでは、岡田大響くん(星稜)の

  • 出身中学と身長や読み方は?
  • 成績と彼女や家族

を中心に調査したいと思います。

<

岡田大響(星稜)の出身中学と身長や読み方

 

それでは、簡単に岡田くんのプロフィールを見ていきましょう!

  • 生年月日:2001年度生まれ
  • 読み方:おかだ ひびき
  • 身長:178cm
  • 体重:78kg
  • 出身地:石川県
  • 出身中学校:星稜中学校
  • 出身シニア:なし
  • ポジション:外野(ライト)
  • 投打:左投・左打

 

<夏の石川県大会の成績>

  • 打数:10
  • 安打:1
  • 打点:0
  • 2塁打:1
  • 本塁打:0
  • 打率:.100
  • 三振:2
  • 犠打:1
  • 四死球:2
  • 盗塁:0

 

岡田くんは、中学時代は星稜の軟式野球部に所属し、現チームメイトの東海林くんや内山くんらとともに全日本少年夏季軟式野球大会で優勝。

 

星稜高校に進学後は2年生でベンチいりし、秋には外野でレギュラーを獲得。秋の公式戦では13試合に出場し41打数12安打打率.293を残しており、今年の春のセンバツでもヒットを2本打ってます。

スポンサーリンク



岡田大響(星稜)の甲子園2019夏の成績

https://twitter.com/724o_saka/status/1162971610023727104?s=20

 

続いて岡田くんの甲子園(2019夏)の成績を見てみましょう。

<甲子園(2019夏)の成績>※8/21現在

  • 打数:16
  • 安打:7
  • 打点:3
  • 本塁打:0
  • 打率:.437
  • 三振:5
  • 四死球:5
  • 盗塁:2

 

夏の石川県大会では、ヒット1本と本来の実力からかけ離れた数字でした。

 

甲子園に入ると徐々に調子も上向きになり、2回戦の立命館宇治戦では3打点、準々決勝の仙台育英戦では3安打。甲子園の打率も.437と素晴らしい成績を残しています。

岡田大響(星稜)の彼女や家族も

 

また、岡田くんの家族に関してネットで探しましたが、有力な情報を見つけることができませんでした。この夏の甲子園で活躍すれば、少しずつ分かってくると思いますので追記しますね。

 

 

そして、岡田くんのような有名な選手の彼女のことが気になりますよね。ただ、高校球児は強豪にいけばいくほど練習量が多くほとんどの時間を野球に費やします。

 

なので、なかなか彼女を作って遊びに行くといったことができません。おそらく岡田くんもそんな感じなのではないかと個人的に考えています。

まとめ

今回は、岡田大響(星稜)の読み方や出身中学と身長は?成績と彼女や家族もついて書いてきました。

 

岡田くんの出身中学や身長などのプロフィールは

  • 読み方:おかだ ひびき
  • 身長:178cm
  • 体重:78kg
  • 出身地:石川県
  • 出身中学校:星稜中学校

です。

 

夏の石川県大会で打撃が不調だった岡田くんですが、甲子園では本来の力を発揮し大活躍。出塁率が高く足が速いので盗塁も期待できるので、もしかすると決勝戦のキーマンになるかもしれません。