野球

東海林航介(星稜)の出身中学と読み方や身長は?成績と彼女や家族も

こんにちは、シュウです。

あっという間に、今年の夏の甲子園も決勝を残すのみとなりましたね。

地方大会では、波乱が多かったのに対して甲子園では前評判通りの学校が勝ち進んでいるように個人的には感じました。

 

そして、優勝候補の一つをしてあげられていた星稜が実力通りの力を発揮し、決勝まで勝ち残りました。

 

もちろん星稜には高校最強の奥川くんと山瀬くんのバッテリーがいますが、それだけで甲子園を勝ち残れるほど甘くはないですね。

 

なので林監督も含め星稜チーム全体がすごく充実しており、力を発揮しているからここまでこれたと個人的に思っています。

 

今回は、星稜のポイントとなる1番バッターの東海林航介くんを紹介したいと思います。

 

それでは、東海林航介くん(星稜)の

  • 出身中学と読み方や身長は?
  • 成績と彼女や家族

を中心に調査したいと思います。

<

東海林航介(星稜)の出身中学と読み方や身長

https://twitter.com/WTNofM9QXsgrNOa/status/1163738385501978625?s=20

 

それでは、簡単に東海林くんのプロフィールを見ていきましょう!

  • 生年月日:2001年10月24日
  • 読み方:しょうじ こうすけ
  • 身長:180cm
  • 体重:76kg
  • 出身地:石川県白山市
  • 出身中学校:星稜中学校
  • 出身シニア:なし
  • ポジション:外野(センター)
  • 投打:右投・左打
  • 50m:5.9秒

 

<夏の石川県大会の成績>

  • 打数:19
  • 安打:4
  • 打点:8
  • 2塁打:1
  • 本塁打:3
  • 打率:.211
  • 三振:7
  • 犠打:0
  • 四死球:3
  • 盗塁:1

 

東海林くんは、小学校時代に白山市の陸上大会の100mで優勝するなど幼い頃から俊足ぶりを発揮していました。

 

中学時代は、星稜中学で軟式野球をやり中学3年の時に全日本少年夏季軟式野球大会で優勝。

 

その時のポジションはセカンドでショートには、現在の星稜高校で4番を打っている内山くんがいました!

 

付属の星陵高校に進学後は、1年からショートのポジションでレギュラーを獲得。冬にはセカンドにコンバート。

 

その時に、星稜OBで社会人で名手と呼ばれる北村祥治内野手(ドヨタ自動車)からレクチャーを受け守備の基本から感覚的なことを学びました。

 

最後の夏の石川県大会では、打撃不調で苦しみましたが決勝で満塁ホームランを打つなど、復活の兆しをつかみ甲子園では本来の打撃を取り戻していますね。

スポンサーリンク



東海林航介(星稜)の甲子園2019夏の成績

 

続いて東海林くんの甲子園(2019夏)の成績を見てみましょう。

<甲子園(2019夏)の成績>※8/21現在

  • 打数:26
  • 安打:10
  • 打点:10
  • 本塁打:0
  • 打率:.384
  • 三振:5
  • 四死球:1
  • 盗塁:0

 

甲子園が始まる前から林監督は、東海林くんを打線のキーマンとして捉えていました。

 

そして、見ごとに林監督の期待に応えている東海林くんの打撃は、決勝戦でもポイントになってくる可能性が高いですね。

東海林航介(星稜)の彼女や家族も

https://twitter.com/yousei_koukou89/status/1163815542119026690?s=20

 

また、東海林くんの家族に関してネットで探しましたが、有力な情報を見つけることができませんでした。この夏の甲子園で活躍すれば、少しずつ分かってくると思いますので追記しますね。

 

そして、東海林くんのような有名な選手の彼女のことが気になりますよね。ただ、高校球児は強豪にいけばいくほど練習量が多くほとんどの時間を野球に費やします。

 

なので、なかなか彼女を作って遊びに行くといったことができません。おそらく東海林くんもそんな感じなのではないかと個人的に考えています。

まとめ

今回は、東海林航介(星稜)の出身中学と読み方や身長は?成績と彼女や家族もについて書いてきました。

 

東海林くんの出身中学や読み方などのプロフィールは

  • 読み方:しょうじ こうすけ
  • 身長:180cm
  • 体重:76kg
  • 出身地:石川県白山市
  • 出身中学校:星稜中学校
  • 出身シニア:なし

です。

林監督が打線のキーマンと名前をあげている東海林くんのバッティングに注目ですね。履正社の桃谷くんも打撃が好調なので良好の1番バッターから目が離せません!