スポーツ

選抜2020(春の甲子園)出場校決定のネット生中継やライブ配信は?時間や日程とテレビ生放送も!

こんにちは、シュウです。

 

いよいよ2020センバツ高校野球(春の甲子園)に出場校の発表がせまってきましたね。

各地方大会で決勝まで、進んだ高校は選ばれるのを待つだけだと思いますが、準決勝で負けて当落線ギリギリの学校や21世紀枠の高校は、発表までドキドキでしょう(*^^*)

 

また、昨年に引き続き、発表当日の様子をネット中継でライブ配信されます。

 

なので、選抜2020(春の甲子園)出場校決定の

  • ネット生中継やライブ配信
  • 時間や日程とテレビ生放送

を中心に調査してみたいと思います。

<

選抜2020(春の甲子園)出場校決定の時間や日程は?

 

それでは、2020年センバツ高校野球(春の甲子園)の出場校決定の日時を見ていきましょう!

選抜2020(春の甲子園)出場校決定の日程と時間

2020年1月24日(金)

  • 午前9時ころ~:21世紀枠のプレゼン・説明会
  • 午前10時30分ころ~:総会
  • 午前11時ころ~:各委員会
  • 午後3時ころ~:出場校発表

 

センバツの出場校は、すでに前日に決定しており当日は発表だけかと思ったいたら、当日の午前中から会議が行われるんですね!

 

毎年、センバツに出場する何校かは、選考基準がわからないとのことでネットなどにコメントが出ているのを見かけます。

 

やはり、会議で決定するとどうしても反対意見がでてしまうのは当然かと思います。100%

世論が納得するのは、絶対にないですよね。

 

なので、センバツの選考基準となる秋季大会の順位を3~5位くらいまでとかつければ、毎年こんなに面倒なことは起きないと個人的には思います。

きっと、高野連の人もそれはわかっているはずなので、大人の社会にはイロイロあるのでしょうね。

 

スポンサーリンク



選抜2020(春の甲子園)出場校決定のテレビ生放送や地上波は?

 

続いて、テレビ放送はあるのでしょうか?

個人的には、さすがに「テレビ放送はない」と思っていたのですが、ありました!!

 

CS放送の「GAORAスポーツ」がライブ配信と録画を放送します。

【1月24日(金)】

  • 14時30分~ ライブ放送
  • 21時~ 録画放送

 

残念ながら、地上波でのテレビ放送はありませんでしたが、CS放送でライブ・録画放送があるのにはビックリしました!

 

スポンサーリンク



選抜2020(春の甲子園)出場校決定のネット生中継やライブ配信

また、ネット中継については、昨年に引き続き毎日新聞&MBS(毎日放送)が、「センバツLIVE」でネット中継・ライブ配信をしてくれます。

 

昨年の秋季大会もネットでライブ配信をしてくれたので、筆者もお世話になりました(*^^*)

 

 

特に近畿大会の「大阪桐蔭vs明石商」は、かなり熱狂して視聴させてもらいましたね。さすがに、こんな素晴らしいカードは生中継で視聴したいものです。

 

★★「センバツLIVE」はコチラ 

 

スポンサーリンク



選抜2020(春の甲子園)の日程

2020年春のセンバツ(選抜高校野球)の開幕日程は、東京五輪の開催に伴い、野球界全体のスケジュールが例年と大きく違ってきます。

 

2020年3月19日(木)~3月31日(火)

  • 1月24日(金)出場校決定
  • 3月13日(金)組み合わせ抽選会
  • 3月19日(木)開幕
  • 3月27日(金)準々決勝
  • 3月28日(土)休養日
  • 3月29日(日)準決勝
  • 3月30日(月)休養日
  • 3月31日(火)決勝戦

 

★雨天順延の場合は、

  • 2日目の順延→「3月30日(月)休養日」が消滅
  • 3日目の順延→「3月28日(土)休養日」が消滅

 

 

2019年は、3月23日(土)~4月3日(水) ※(準々決勝翌日の休養日を含む。雨天順延)

 

スポンサーリンク



選抜2020(春の甲子園)センバツ出場校の一覧

出場校32校(一般選考28校、21世紀枠3校、神宮大会枠1校)となっています。

神宮大会枠とは、秋の甲子園とも呼ばれる神宮大会に優勝したチームが出場できます。

 

出場校は、1月24日(金)に選抜選考委員会により決定。

なので、参考までに地区大会の結果を掲載しました。左側が地区大会の結果です。

 

北海道地区(1)

  • 優勝:白樺学園
  • 準優勝:札幌日大

 

東北地区(2)

  • 優勝:仙台育英(宮城)
  • 準優勝:鶴岡東(山形)

 

関東・東京地区(6)

☆関東地区

  • 優勝:健大高崎(群馬3位)
  • 準優勝:山梨学院(山梨1位)
  • ベスト4:東海大相模(神奈川1位)
  • ベスト4:桐生第一(群馬1位)
  • ベスト8:花咲徳栄(埼玉1位)
  • ベスト8:西武台(埼玉2位)
  • ベスト8:習志野(千葉1位)
  • ベスト8:桐光学園(神奈川2位)

☆東京

  • 優勝:国士舘
  • 準優勝:帝京

 

関東地区は基本的には、関東5枠+東京1枠のことが多いです。

なので、今年も関東から5枠の可能性が高いのでは・・・となるとベスト8中から選ばれる感じですね。

  • 準々決勝 山梨学院vs花咲徳栄(2-1 )
  • 準々決勝 桐生第一vs桐光学園(10-4 )
  • 準々決勝 東海大相模vs習志野(12-6 )
  • 準々決勝 健大高崎vs西武台(3-2 )

ここで1校だとこれも難しいですね。順当に選ぶと「西武台」が優位ですが、同じ埼玉県で優勝したことを優先すると「花咲徳栄」になります。

 

選考委員が、関東大会を優先するのか、それとも県大会を優勝したチームにするのか、どちらの奇人を採用するかですね。

 

なので、「西武台」「花咲徳栄」は、50%づつで当日にならないとわからない感じです。

一方、習志野と桐光学園は、負けた対戦相手が決勝までいっていないことを考えると苦しいです。

 

北信越地区(2)

  • 優勝:星稜(石川)
  • 準優勝:日本航空石川(石川)

 

東海地区(2)+1(神宮大会優勝枠)

  • 優勝:中京大中京(愛知)
  • 準優勝:県岐阜商(岐阜)
  • ベスト4:加藤学園(静岡2位)
  • べスト4:藤枝明誠(静岡1位)

 

  • 準決勝 県岐阜商vs加藤学園(4-3 10回サヨナラ)
  • 準決勝 中京大中京vs藤枝明誠(12-5 8回コールド)

 

※神宮大会で中京大中京が優勝したので東海地区の枠が2→3になりました。

なので、ベスト4だった藤枝明誠・加藤学園のどちらかが甲子園に出場する可能性が!ただ、選考が非常に難しい。普通だったら同じ県同士なので、静岡県大会に優勝した「藤枝明誠」が選ばれる可能性が高いと思います。

 

しかし、東海大会の準決勝で藤枝明誠は、コールド負け。一方、加藤学園はサヨナラ負けなので東海大会に限っては、加藤学園のほうが優位に。

でも個人的には、コールド負けしたといっても相手が優勝した「中京大中京」なので、「藤枝明誠」のほうが可能性が高いと思います。

 

近畿地区(6)

  • 優勝:天理(奈良3位)
  • 準優勝:大阪桐蔭(大阪1位)
  • ベスト4:智弁学園(奈良1位)
  • ベスト4:履正社(大阪2位)
  • ベスト8:明石商(兵庫2位)
  • ベスト8:智弁和歌山(和歌山1位)
  • ベスト8:奈良大付(奈良2位)
  • ベスト8:京都翔英(京都1位)

 

  • 準々決勝 明石商vs大阪桐蔭(3-4 )
  • 準々決勝 奈良大附vs天理(0-14 6回コールド )
  • 準々決勝 京都翔英vs履正社(3-10 8回コールド )
  • 準々決勝 智弁学園vs智弁和歌山(17-13 )

 

近畿地区枠は6枠なのでベスト4+ベスト8から2校の出場ですね。ベスト4に奈良県勢が2校入っており、センバツは地域性も重視するので残る2校は、明石商・京都翔英・智弁和歌山に絞られます。

 

明石商は、兵庫県大会で2位でしたが大阪桐蔭相手に大接戦を演じたので、可能性が高く智弁和歌山は17失点していますが、コールド負けした京都翔英よりも評価が高いような気がします。

なので、個人的には残る2校は、「明石商」「智弁和歌山」だと思います。

 

中国地区(3?)

  • 優勝:倉敷商(岡山)
  • 準優勝:鳥取城北(鳥取)
  • ベスト4:広島新庄(広島)
  • ベスト4:創志学園(岡山)

 

四国地区(2?)

  • 優勝:明徳義塾(高知)
  • 準優勝:尽誠学園(香川)

 

九州地区(4)

  • 優勝:明豊(大分)
  • 準優勝:大分商(大分)
  • ベスト4:創成館(長崎)
  • ベスト4:鹿児島城西(鹿児島)

 

明治神宮枠(1)

  • 優勝:中京大中京

 

21世紀枠(3)

21世紀枠は、12月13日(金)に地方ごと(東北・関東・東京・東海・北信越・近畿・中国・四国・九州)から各1校ずつと北海道の9校が発表される予定。

 

そして、1月24日(金)に選考委員会から「東日本」「西日本」「地域限定なし」から3校を選出します。

 

※追記 12/13

21世紀枠推薦校の地区代表9校が決定しました!

  • 北海道:帯広農業(北海道)
  • 東北:磐城(福島)
  • 関東・東京:宇都宮(栃木)
  • 東海:近大高専(三重)
  • 北信越:敦賀(福井)
  • 近畿:伊香(滋賀)
  • 中国:平田(島根)
  • 四国:城東(徳島)
  • 九州:本部(沖縄)

 

 

  •  

 

 21世紀枠は、練習環境などの困難克服や地域貢献など、野球の実力以外の要素を選考条件に加えることで甲子園出場を逃している学校に出場機会を広げることを目的に、2001年の第73回大会から設けられた。

引用元:https://mainichi.jp/koshien/articles/20171215/k00/00e/050/249000c

 

スポンサーリンク



選抜2020(春の甲子園)出場校決定のネット生中継やライブ配信は?時間や日程とテレビ生放送も!のまとめ

今回は、選抜2020(春の甲子園)出場校決定のネット生中継やライブ配信は?時間や日程とテレビ生放送も!について書いてきました。

 

テレビ放送は、「CS放送のGAORAスポーツ」がLIVE&録画放送を発表当日に放送してくれます。

 

一方、ネット中継は、昨年に引き続き毎日新聞&MBS(毎日放送)が、「センバツLIVE」でネット配信をします。

 

今年のセンバツ選考は、サプライズがあるのかそれとも予想通りなのか、発表当日までワクワクですね。