雑記

台風情報13号2019の最新米軍の進路予想は?関東や関西の被害状況も調査!

こんにちは、シュウです。

 

9月に入りいよいよ台風の季節がやってきてしまいました。8月のお盆にも台風10号が日本列島を縦断し、交通機関に多大な被害をもらたしました。

 

今回発生した台風13号のほかにも、複数の台風の卵が日本列島の南のフィリピン近くや南

シナ海に発生しており今後の進路が気になるところです。

それでは、台風情報13号2019の

  • 最新米軍の進路予想は?
  • 関東や関西の被害状況

を中心に調査してみたいと思います。

<

台風情報13号2019の最新米軍の進路予想は?

台風13号「レンレン」発生 沖縄に接近の恐れ

それでは、今回発生した台風の概要をみていきましょう。

  • 名前:レンレン
  • 場所:フィリピン東(9/2 9時 現在)
  • 移動:北西 20 km/h
  • 最大風速:18 m/s
  • 最大瞬間風速:25 m/s

 

気象庁の発表では、台風13号は発達しながら北上し9月5日(木)くらいから強い勢力を保ちながら沖縄に近づく可能性があるので、進路に近い地域では、暴風・大雨・高波の警戒が必要になってきます。

 

また、台風13合が沖縄くらいまで北上した場合には、台風の周囲の湿った空気が本州付近に停滞する秋雨前線を活性化させて、西日本など日本列島にも大雨を降らせる恐れもあります。

 

この時期は、秋雨前線が日本列島に停滞しているので、直接台風が来なくても大雨になる可能性があるから台風情報には、注意したほうがいいかもしれませんね。

 

<米軍の最新台風情報>


引用元:https://www.metoc.navy.mil/jtwc/jtwc.html

 

スポンサーリンク



台風情報13号2019の関東や関西の被害状況

続いて、台風13号が関東や関西に被害をもたらす可能性も気になりますね。

 

現時点での気象庁の発表では、関西方面で台風13号の影響で秋雨前線が活発となり大雨になる可能性があると発表されています。

 

関東に関しては、今のところ被害についての発表はありませんが、台風の進路によっては関西と同じで秋雨前線の影響があるかもしれませんので、今後の台風情報に注意したほうがよいでしょう。

 

ちなみに秋は、台風が多い季節ということで平年の台風発生数を調べてみました。

  • 1月:0.3個
  • 2月:0.1個
  • 3月:0.3個
  • 4月:0.6個
  • 5月:1.1個
  • 6月:1.7個
  • 7月:3.6個
  • 8月:5.9個
  • 9月:4.8個
  • 10月:3.6個
  • 11月:2.3個
  • 12月:1.2個

 

今年の台風発生は、

「平年並みか平年より多い発生数」

と気象庁から発表されています。また、筆者も最近まで知らなかったのですが、台風にも名前があるんですね。

 

この台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられるそうです。

今回の台風13号の名前は「レンレン」ですが、なんかパンダの名前みたいですね(笑)

台風情報13号2019の最新米軍の進路予想は?関東や関西の被害状況も調査!まとめ

今回は、台風情報13号2019の最新米軍の進路予想は?関東や関西の被害状況も調査!について書いてきました。

台風13号は、これから発達しながら北上して9月5日くらいに沖縄に強い勢力を保ちながら接近する恐れがあります。

それに伴って、秋雨前線を活性化させて関西などに大雨を降らせる可能性もあります。現時点では、関東については特に警報などは出ていませんが、今後の台風13号の進路には注意が必要ですね。