野球

諸隈惟大(東海大相模)の出身中学と身長や読み方は?球速や球種と家族も調査!

台風10号の影響によって久しぶりに夏の甲子園が順延になりましたね。選手達は連日の暑さや激しい戦いの休養日となりよかったのではないでしょうか。

 

試合の方もベスト16が出揃い、いよいよって感じになってきましたね。波乱が多かった地方大会に比べて、戦前に優勝候補と言われた星稜・東海大相模・履正社、智弁和歌山などが順当に勝ち上がってます。

 

筆者もほとんどの試合を見ているのですが、やはりセンバツと違って各学校の打線の破壊力が春に比べて格段に上がってます。

 

そして、東海大相模の強力打線を支えるのが2年生トリオ。

  • 西川くん:高校通算 42本 馬力
  • 山村くん:高校通算 38本 パンチ力
  • 鵜沼くん:高校通算 22本アグレッシブ
    ※高校通算本塁打は8/15現在

 

◎◎西川僚祐(東海大相模)の身長や読み方は?ケガで退部や転校のウワサの真相も!

■■山村崇嘉(東海大相模)の出身中学や身長と読み方は?彼女や家族も調査

★★鵜沼魁斗(東海大相模)の出身中学や身長と読み方は?家族と彼女も調査!

 

こんな感じは、昨年の大阪桐蔭の根尾くん・藤原くん・中川くんを思い出しますね。彼らも2年生の時から主軸をはり2017年センバツ優勝(3年生の時は、春夏連覇)に貢献してます。

 

さらに、この強力打線に加えて世代ナンバーワン左腕と言われる諸隈惟大くんもいるんです!まさに東海大相模の黄金期ですね。

 

それでは、諸隈惟大くん(東海大相模)の

  • 出身中学や身長と読み方は?
  • 家族や彼女
  • 球速や球種

 

を中心に調べていきますね。

<

諸隈惟大(東海大相模)の出身中学や身長と読み方

 

それでは、簡単に諸隈くんのプロフィールを見ていきましょう!

  • 生年月日:2002年7月1日
  • 読み方:もろくま いっと
  • 身長:177cm
  • 体重:76kg
  • 出身地:千葉県船橋市
  • 出身中学校:船橋市立二宮中学校
  • 出身シニア:佐倉シニア
  • ポジション:投手
  • 投打:左投・左投

 

<夏の神奈川県大会の成績>

  • 試合数:3
  • 回数:14
  • 被安打:6
  • 奪三振:14
  • 与四死球:2
  • 失点:0

 

諸隈くんは、小学校時代に習志野台ワンパクズで軟式野球を始めエースとして活躍しチームを全国大会に導きます。

 

そして千葉ロッテマリーンズJrにも選ばれました。そこでセンバツ準優勝で夏の甲子園にも出場した習志野の4番・桜井くん(ファースト)や守備の要の角田くん(セカンド)とチームメイトに。

 

中学時代は、強豪の佐倉シニアに所属。もちろん佐倉シニアでもエースとしてチームに貢献し、世代ナンバーワン左腕と言われるくらいに成長します。

 

ちなみにシニアの世界では「東の佐倉シニア、西の枚方ボーイズ」が有名。さらにこの2チームはジャイアンツカップでここ数年で6回も優勝。(佐倉シニア・枚方ボーイズともに3回ずつ優勝)

※枚方ボーイズOBでは、昨年ドラフト1位指名の藤原くん(ロッテ)・小園くん(広島)が有名です。

 

ジャイアンツカップとは、硬式野球(シニア・ボーイズ・ポニーなど)の全国大会で、出場するためには各全国大会で上位4チームに入らなければなりません

 

<諸隈くんの佐倉シニア時代>

 

  • 2015年:リトルシニア全国センバツ大会(優勝)
  • 2015年:ジャイアンツカップ(2回戦)
  • 2015年:リトルシニア日本選手権大会(ベスト8)
  • 2016年:リトルシニア日本選手権大会(2回戦)
  • 2016年:ジャイアンツカップ(ベスト4)
  • 2017年:リトルシニア全国センバツ大会(優勝) MVP獲得
  • 2017年:リトルシニア日本選手権大会(準優勝)
  • 2017年:ジャイアンツカップ(優勝)

 

 

ちなみに、同級生で東海大相模の2年生トリオの1人・西川くんや横浜高校で4番の度会くん・センバツや夏の甲子園で活躍した習志野のレギュラー4人も佐倉シニアの出身で下級生の頃から一緒に試合で活躍してました。

 

なので、2017年の佐倉シニアの成績はヤバイものがありますね!これほどのメンバーが揃っていたら昨年の大阪桐蔭みたいな感じで無敵!

 

また、諸隈くんはU-15アジアチャレンジ日本代表にも選ばれておりWエースの一人として優勝に貢献し、三振も多く取っています。

 

東海大相模に進学後は、1年の春からベンチ入りし春の関東大会・準々決勝の常総学院戦で公式戦に初先発。

ただ、結果は5回途中で4失点と苦しいデビュー戦となりました。

 

その後は、少しずつ成長をみせるものの、中学時代のような圧倒的なエースとしての存在感はまだ陰を潜めいているので、この夏の甲子園で一皮むけることを期待したいですね。

スポンサーリンク



 

諸隈惟大(東海大相模)の球速や球種

 

続いて、諸隈くんの球速はMAX135キロとそれほど速くはありませんが、柔らかい腕のフリからキレのいいストレートをゲテ混んでくるので、三振も多く取れています。

 

球種は、現時点で確認が取れているのは、

  • ストレート
  • スライダー
  • カーブ

変化球の中では特にスライダーのキレが良いです。この他にも縦の変化をつけるスプリットやフォーク、球速差をつけるチェンジアップなどがあったらもっと投球の幅が広がりますね。

すでに投げているかもしれませんが・・・・

 

小学生の頃から全国大会などの大きな舞台を経験しているので、ぜひとも夏の甲子園で活躍して東海大相模の絶対的なエースとして頑張ってほしいと個人的に期待しています!

諸隈惟大(東海大相模)の家族と彼女

 

続いて諸隈くんの家族に関してですが、ネットで探しましたが残念ながら有力な情報は見つかりませんでした。今後の活躍で少しずつ分かってくると思いますので追記していきますね。

 

また、これほどの選手なのでしかも東海大相模は共学なので、どうしても彼女のことが気になりますよね。ただ、高校球児は強豪に行けば行くほど練習量が多くほとんどの時間を野球に費やします。

 

なので、なかなか彼女を作って遊びに行くといったことができません。おそらく諸隈くんもそんな感じなのではないかと個人的に考えています。

まとめ

今回は、諸隈惟大(東海大相模)の出身中学と身長や読み方は?球速や球種と家族も調査!について書いてきました。

 

諸隈くんの出身中学や身長などは、

  • 読み方:もろくま いっと
  • 身長:177cm
  • 体重:76kg
  • 出身地:千葉県船橋市
  • 出身中学校:船橋市立二宮中学校
  • 出身シニア:佐倉シニア

でした。

 

強豪の佐倉シニアでは、全国大会で優勝3回・準優勝1回と素晴らしい成績を収め、世代ナンバーワン左腕と言われました。

東海大相模に進学後は、1年の春からベンチ入りし公式戦にも出場しています。