イベント

調布花火大会2019無料席の場所取りの時間は?布田会場と京王多摩会場の混雑予想

こんにちは、シュウです。

8月も終わり、9月に入りましたね。夏のイベント「花火大会」もほとんどが終わり寂しい限りです。

 

でも最近では、秋でも花火大会がけっこうあるので、まだまだ花火大会を堪能できますね!その一つに「調布花火大会」があります。

 

また、花火と映画音楽を満喫できる調布花火大会は、有料席とは別に無料席があるんです!

だけど大人気の調布花火大会なので昨年の来場者数も「約30万人」ありました。無料席なので場所取りの時間や混雑状況も気になりますね。

 

それでは、調布花火大会2019年の

  • 無料席の場所取りの時間は?
  • 布田会場と京王多摩会場の混雑予想

を中心に調査していきたいと思います。

<

調布花火大会2019の日程や打上数と時間

それでは簡単に、調布花火大会の日程などの概要を見ていきましょう!

日時

令和元年9月7日(土)

18時30分~19時30分 (開会式:18時~予定)

※荒天の場合は中止(延期・順延はなし)

打上数

約10,000発

屋台・露店数

約300店(京王多摩川会場が一番多く、次に布田会場。川崎側は少ない。

昨年の人出

約30万人

調布花火大会2019の会場

続いて調布花火大会の会場を見ていきましょう!

 

調布花火大会は多摩川を挟んで「調布側」「川崎側」に別れます。有料席などは調布側にあり3ヶ所設けていますね。

 

その有料席の外側に無料観覧席があります。(電通大グラウンド会場はありません)

  • 布田会場
  • 京王多摩川会場
  • 電通大グランド会場

引用元:https://hanabi.csa.gr.jp/premiumseat

 

 

 

スポンサーリンク



調布花火大会2019無料席の場所取りの時間は?

続いて、調布花火大会の無料席の場所を見ていきましょう。

調布花火大会の無料席はどこ?

調布花火大会花火大会は、有料席とは別に無料席が用意されています。そして無料席は、有料席の外側に作られています。

<無料席>

  • 布田会場の外側
  • 京王多摩会場の外側

※電通大グランド会場には無料席の設置はないので注意して下さい。

 引用元:https://hanabi.csa.gr.jp

 

無料席の場所取り時間は?

やはり人気の調布花火なので、無料席となるとけっこう早くから場所取りが必要なのか気になりますね。

 

例年だと、無料右隻の場所取りに12時くらいからだんだん集まってきて、15時くらいにはかなり無料席が埋まってしまう感じになります。

 

また、早い人だと午前中から場所取りを始めている人もいますね。もし、取りたい場所があるなら、午前中までにはいかないとすでに埋まっている可能性があるので注意しましょう!

 

とはいえ、お昼から並んだとしたも花火大会が始まるまで6時間以上もあるので、かなり長時間待ってなければなりません。

 

なので、そんな時は、屋台や露店などでご飯やデザートを食べたりして、レアな食べ物を見つけたりするのもいいかもしれませんね。

★★調布花火大会2019の屋台や露店の出店場所や時間は?過去のメニューも紹介!

無料席の場所取りに持っていくと便利な持ち物は?

場所取りは、長時間となることが多く、さらに無料席から離れられないので忘れ物には、注意しましょう。

 

また、持っていくと便利なものをいくつか紹介しますね。

  • 携帯用の携帯・スマホ充電器
  • 虫除けスプレー
  • 雨具
  • タオル
  • うちわ・携帯扇風機
  • 帽子・日傘
  • ビニール袋
  • ウエットティッシュ

 

今は、暇つぶしには携帯やスマホが必需品ですね。だけど長時間使っていると充電がなくなってしまい、本番の花火大会で写真を取ろうとしても「充電切れ!」なんてことがよくあります。

なので、携帯用のスマホの充電器は必需品です。

 

また、河川敷なのでこの時期はまだまだ、虫が多くいるので虫除けスプレーなどを持っていくといいかもしれません。

 

あと大事なのは、日差し対策。9月に入ったとしても残暑で日中はすごく暑いし太陽の光も痛いくらいの日差しですね。

 

花火大会の会場は河川敷なので、もろに直射日光を浴びてしまいます。帽子や日傘は絶対にないと長時間の場所取りには耐えられないですね。あとは、日焼け対策で日焼けクリームなどもあったほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク



調布花火大会2019無料席のオススメは布田会場?京王多摩会場?

また、初めて調布花火大会大会に行く時、せっかく場所取りするのだから無料席は、布田会場と京王多摩会場のどっちがいいか迷いますよね!

 

結論から言うとどちらでも調布花火大会を楽しむことができます。どこに重点を置くかによって無料席の会場が違ってきます。

布田会場の無料観覧席

布田会場の無料席のメリットは、打ち上げ場所が目の前にあるので花火の迫力や音を感じることができます。

 

特に、調布花火大会の見どころでもある「ハナビリュージョン」を近くで見ることができます。

 

今年は、炎と光という新たな要素が加わった「ハナビリュージョン」なので見てみたいですよね。

 

デメリットとしては、やはり打ち上げ場所が目の前にあるので、混雑が予想され場所取りも京王多摩会場よりも早くいかないと厳しいこと、屋台や露店が京王多摩会場よりも少なめという点です。

京王多摩会場の無料観覧席

京王多摩会場のメリットは、屋台や露天の出店の多さです。ナント150店以上ものお店が並びます。

 

なので、通常のお祭りや花火大会では見られないレアなものを発見できるかもしれません。こういった屋台や露店巡りも花火大会の醍醐味の一つで楽しいですよね。

 

デメリットとしては、花火の打ち上げ場所が布田会場の目の前なので、布田会場よりは少し遠く花火を見ることになります。

 

当然、打ち上げ場所が目の前にある布田会場のほうが混雑が予想されますので、花火も見れて屋台や露天を楽しみたいという人におすすめですね。

スポンサーリンク



調布花火大会2019無料席の布田会場と京王多摩会場の混雑予想

次に調布花火大会の無料席の混雑予想について見てみますね。

 

調布花火大会の混雑ピークは、花火大会開始の1時間30分くらい前から直前までと言われています。なのでおおよそ17時くらいをメドとして考えておきましょう。

 

ただし、無料席の方はすでに15時位にはほとんどの席が埋まっている状態になります。

 

そして、布田会場は、打ち上げ場所が目の前にあるので、京王多摩会場よりも混雑が予想されますね

 

特に今年は「ハナビリュージョン」がパワーアップするということで、見やすい布田会場に人は流れる可能性が高いです。

 

また、人が多くて混雑は避けたいというには、やはり川崎側の稲田堤や中之島方面がオススメです。

 

コチラは、有料席が整備されていないので少し屋台が少なかったりなどのデメリットはありますが、混雑や人混みといった部分に関しては、調布方面(布田会場や京王多摩会場など)に比べるとだいぶ良くなります。

調布花火大会2019無料席の場所取りの時間は?布田会場と京王多摩会場の混雑予想のまとめ

今回は、調布花火大会2019無料席の場所取りの時間は?布田会場と京王多摩会場の混雑予想!について書いてきました。

 

調布花火大会の無料席の場所取り時間は、12時くらいから人が集まって来て15時くらいにはほとんどの席が埋まる感じです。

また、希望の席がある場合には、午前中から場所取りをしないと厳しいかもしれません。すでに午前中から来ている人もいます。

布田会場と京王多摩会場の無料席の混雑は、布田会場のほうが混雑や予想されます。

どうしても打ち上げ場所が、布田会場の目の前にあることや見どころの「ハナビリュージョン」の演出が布田会場から出ないと見ることができないからでした。