イベント

調布花火大会2019の打ち上げ場所や時間は?稲田堤と中野島の川崎側がオススメ!

こんにちは、シュウです。

8月も終わり、9月に入りましたね。夏のイベント「花火大会」もほとんどが終わり寂しい限りです。

 

でも最近では、秋でも花火大会がけっこうあるので、まだまだ花火大会を堪能できますね!その一つに「調布花火大会」があります。

 

花火と映画音楽を満喫できる調布花火大会は、大人気で昨年の来場者数も「約30万人」ありました。

なので、調布花火大会の混雑状況なども心配ですね。やはり快適に花火を観覧するには混雑回避の対策などが必要。

それには、調布花火大会の打ち上げ場所やや時間などをきちんと頭にいれることが大切ですね。

また、穴場などを検索すると川崎側や「稲田堤」と「中野島」といった地名が出てくるのできっといい場所なのでは?と予想できます。

 

なので、調布花火大会2019の

  • 打ち上げ場所や時間は?
  • 稲田堤と中野島の川崎側がオススメ

を中心に調査してみたいと思います。

<

調布花火大会2019の日程や打ち上げ場所や時間は?

 

もともと8月に開催していた調布花火大会ですが、近年のゲリラ雷雨などの関係で昨年は10月に。

 

今年は、ラグビーワールドカップが9月中旬からあり、ちょうど調布市の「東京スタジアム」も会場となることから9月の上旬に開催することになりました。

 

映画音楽と花火のコラボや特大のスターマインが多摩川をバックに打ち上げられ調布市の名物花火大会。

さらに今年は、調布花火大会の見どころでもある「ハナビリュージョン」が「光」と「炎」という新たな要素が加わり進化して帰ってくるんです!!超楽しみですね。

調布花火大会2019の日程や打上数と時間

日時

令和元年9月7日(土)

18時30分~19時30分 (開会式:18時~予定)

※荒天の場合は中止(延期・順延はなし)

打上数

約10,000発

屋台・露店数

約300店(京王多摩川会場が一番多く、次に布田会場。川崎側は少ない。)

昨年の人出

約30万人

調布花火大会2019の会場と打ち上げ場所

続いて調布花火大会の会場を見ていきましょう!

調布花火大会は多摩川を挟んで「調布側」「川崎側」に別れます。有料席などは調布側にあり3ヶ所設けていますね。

また打ち上げ場所は、布田会場のちょうど目の前になります。

  • 布田会場
  • 京王多摩川会場
  • 電通大グランド会場

 

引用元:https://hanabi.csa.gr.jp/premiumseat

 

 

調布花火大会2019のアクセス

まずは、調布側からみていきますね。

  • 布田会場:京王線「布田駅」より徒歩約20分「調布駅」より徒歩約25分
  • 京王多摩川会場:京王相模原線「京王多摩川駅」より徒歩約10分「調布駅」より徒歩約20分

 

続いて、川崎側!

  • 多摩川河川敷(布田橋付近):南武線「中野島駅」徒歩約15分
  • 稲田公園:南武線「稲田堤駅」京王相模原線「京王稲田堤駅」徒歩約10分

 

川崎側は、調布花火大会の会場・多摩川河川敷まで各駅とも徒歩約5~15分とわりと近くです。ただ、川崎側h会場として特に整備されていないので基本的にはフリーで観覧することができます。

ただし、交通規制はかかりますので通行止めや渋滞などがあり、車ので観覧は厳しいでしょう。

 

スポンサーリンク



調布花火大会2019稲田堤と中野島の川崎側がオススメ!

 

調布花火大会は、多摩川を挟んで調布側と川崎側に分かれて観覧することができます。調布側から花火が打ち上げられるので、調布側には有料席があったり屋台や露店が多くあったり。

だけど、その分混雑がスゴイことに・・・

 

でも川崎側は、全てが無料スポットなので調布側ほど混雑もしていないし人混みが苦手な人にはオススメです。

 

さらに、例年、風向きの影響で花火の煙が調布側に流れる傾向に。

 

意外と花火の煙って目が痛くなるし匂いもキツイので嫌ですよね。そして、最寄りの駅から多摩川河川敷まで徒歩約5~15分ほどですごく近いです。

 

川崎側のデメリットそしては、調布花火大会の見どころでもある「ハナビリュージョン」の光と炎の演出が見えづらいことと屋台や露店が調布側と比べて少なめな点です。

川崎側 稲田堤駅付近の穴場

川崎側の南武線「稲田堤駅」周辺の穴場としては、

  • 稲田公園
  • 稲田少年野球場周辺
  • 京王線の高架下
  • 多摩川の河川敷

といったところが有名ですね。

 

川崎側 中野島駅付近の穴場

 

中野島駅から多摩川河川敷まで全てで花火大会を観覧可能です。得にオススメが多摩川河川敷です。

花火打ち上げ時間の30分前くらいでも河川敷の方は余裕で場所取りができます。さすがにかぜん時期の上の方は、場所取りで人がいっぱいですが・・・

 

しかも川崎側のいいところは、帰りの混雑も回避できるんです。さすがに調布側だと花火大会の会場から最寄りの駅まで人混みの中を大行列で帰らければいけません。

ただ、デメリットとして「ハナビリュージョン」の音楽が聞こえない点があります。でも行き帰りの混雑を回避できるんだったら、川崎側でも十分に調布花火大会を堪能できると思います。

 

スポンサーリンク



調布花火大会2019の混雑状況の予想

 

人気の花火大会はどうしても混雑は避けられない状況ですね。ただ、少しでも混雑を回避するためにポイントを抑えておくと全然違います!

 

なので、過去の調布花火大会の混雑状況を見ながら2019年の対策を見ていきましょう!

調布花火大会の会場付近の混雑状況

調布花火大会がスタートするのは、18時30分からですがやはりみんな少し前に到着したいと思います。

なので、おおよそ18時くらいには、最も混雑する時間帯です。もちろん開会式も18時から始まるのでどのあたりに時間になると、人混みで大変なことになってますね。

 

ただ、あくまでこれは調布側の話で川崎側は、もちろん混雑はありますが人気の花火大会??と思うくらいの人混みとなっています。

なので、意外と人混みが苦手な人には川崎側から見るのがオススメです!

 

調布花火大会の最寄りの駅(調布・京王多摩川・布田駅)の混雑状況

調布花火大会の最寄りの駅である「調布駅」「京王多摩川」「布田駅」は、17時30分ぐらいには混雑のピークを迎えます。

 

なので、少し前の16時30分くらい、遅くても17時くらいまでには到着しているとそこまで人混みに飲み込まれません。

 

早めに会場に行って、屋台や露店などで食べ物などを買ってゆっくりするがベストですね。

 

また、川崎側の最寄り駅「中野島駅」「稲田堤駅」「京王稲田堤駅」に関しては、調布側に比べるとそこまで混雑がないので少し余裕があります。

 

とはいえ、ある程度の混雑はあるので川崎側から調布花火大会を見に行く場合でもなるべく時間に余裕を持って行動しましょう!

 

また、花火大会が終了後は、一斉に最寄り駅に集まるので花火渋滞が起きます。これはどうしても避けられないので、人混みがどうしても嫌な人にオススメなのが

  • 花火大会終了の少し前に帰る
  • 屋台などでご飯を食べたりして帰る時間を遅らせる

この2点だと思います。

調布花火大会の場所取りの混雑状況

調布花火大会で場所取りをするエリアは基本的に3ヶ所あります。

  • 「布田会場」の横にある自由観覧エリア
  • 「京王多摩川会場」の横にある自由観覧エリア
  • 川崎側の河川敷など

また、調布花火大会では花火の打ち上げ会場を囲むように有料席があり、その外側には無料観覧席もあるんです!

残念ながら、川崎側には有料席がありません・・・

 

そして、気になる時間は調布側だと絶対に無料観覧席でいい席を取りたい!!といった人が午前中から12時位には集まり始めます。

 

おおよそ15時位になるとほぼ無料席は埋まってしまう状態になりますね。

 

また、大人数での場所取りの場合は、お昼くらいには埋まってしまうことが多いので確実に確保するためには、午前中にいかないと席が取れない場合があるので気をつけましょう!

調布花火大会の屋台・露店の混雑状況

続いて調布花火大会の屋台や露店の混雑もみてみましょう。

 

打ち上げ会場の周辺を中心に多摩川河川敷にとても多くの屋台や露店が並びます。そして、屋台が多いのは、「京王多摩川会場」。

 

もちろん布田会場も屋台は多く出ていますが、京王多摩川会場に比べると若干少なめ。

 

そして、おおよそ20分くらいの待ち時間が多いですね。それくらいの行列が屋台にできている状態。

 

なので、最寄りの駅から会場である河川敷までの間にコンビニなどがあるので、もし狙っている食べ物などない場合は、途中で買い物をしたほうが並ぶ手間も省ける、料金も屋台より全然安いのでお得です!

調布花火大会のトイレの混雑状況

あと、やはり気になるのがトイレ。

調布花火大会のトイレは、布田会場に仮設トイレが並びますが、少なめ。また、会場付近は公衆トイレも少ないので混雑は必至。

 

なので、打ち上げ時間も1時間と短めなので、なるべく行く時にコンビニ等で済ましたほうが無難でしょう。

 

ただし、考えていることはみんな同じで、会場近くのコンビニなどのトイレも混雑模様。

 

どうしてもという人以外は、なるべく会場周辺以外のトイレを利用したほうがいいでしょう。でないと、上記のコンビニの張り紙みたいに頑張らないといけなくなるかも!?

 

調布花火大会2019の打ち上げ場所や時間は?稲田堤と中野島の川崎側がオススメ!のまとめ

今回は、調布花火大会2019の打ち上げ場所や時間は?稲田堤と中野島の川崎側がオススメ!について書いてきました。

 

調布花火大会の打ち上げ場所は、調布側の布田会場の目の前です。打ち上げ時間は「18時30分~19時30分」となっています。

屋台や露店が少なかったり多少のデメリットはありますが、混雑にあまり巻き込まれずに花火を観覧するなら、川崎側の稲田堤駅や中野島駅周辺から多摩川河川敷が個人的にはオススメです。