野球

赤塚健利(中京学院中京)の身長と体重や出身中学は?球速や球種と家族も調査

こんにちは、シュウです。

 

台風10号の影響によって久しぶりに夏の甲子園が順延になりましたね。選手達は連日の暑さや激しい戦いの休養日となりよかったのではないでしょうか。

 

夏の甲子園もいよいよベスト8が出揃い、優勝まであと3試合ですね!

 

そして優勝候補の東海大相模を圧倒的な強さで破った中京学院中京。ある意味そこまで前評判が高くなく、U18日本代表候補の藤田健斗くんがいるくらいだと思っていたら・・・

 

エースの不後くんは、中学時代にU15日本代表だったりと実はすごく強豪でした!!

 

そして今大会の出場チームの中で身長と体重がトップの未完の守護神・赤塚健利くんを紹介したいと思います。

 

赤塚くんは、身長がすごく高いので幼い頃から高いと思ったら、ナント幼稚園ですでに170cmを超えていたそうなんです!

「幼稚園で???」

ありえないです!!!

 

なので、赤塚健利くん(中京学院中京)の

  • 身長と体重や出身中学
  • 球速や球種と家族

を中心に調べたいと思います。

<

赤塚健利(中京学院中京)の身長と体重や出身中学と幼稚園の時の身長

 

それでは、簡単に赤塚くんのプロフィールを見ていきましょう!

  • 生年月日:2001年7月1日
  • 読み方:あかつか けんと
  • 身長:193cm
  • 体重:103kg
  • 幼稚園の時の身長:175cmくらい
  • 靴のサイズ:30cm超
  • 出身地:静岡磐田市
  • 出身中学校:磐田市福田中学校
  • 出身シニア:掛川シニア
  • ポジション:投手
  • 投打:右投・右打
  • 握力:右78キロ・左70キロ

 

<夏の岐阜県大会の成績>

  • 試合数:6
  • 回数:7 1/3
  • 被安打:3
  • 奪三振:12
  • 与四死球:1
  • 失点:0

 

赤塚くんは、幼稚園でジュビロ磐田のサッカースクールに通い、小学1年で軟式野球を始めます。中学でもその体格からサッカー部やバスケ部に誘われるが、強豪の掛川シニアに。

 

中京学院大中京では、1年の秋から背番号1でベンチ入り。3年の春からリリーフとして登板し、夏の大会では全7試合に救援として投げています。

スポンサーリンク



赤塚健利(中京学院中京)の球速や球種と家族

 

続いて赤塚くんの球速や球種を見ていきますね。

球速は、MAX148キロで常時145キロ前後のストレートを投げ込みます。

 

球種は、

  • ストレート
  • スライダー

の2種類。基本的に長身から投げ下ろすストレートで押し切るタイプ。まさにショートイニングの守護神向きですね。

 

コントロールや変化球に現時点では課題がありますが、ポテンシャルは高く、未完の大器です。

 

甲子園の2回戦・北照戦では、初球から27球連続ストレートを投げ全37球中35球が直球。キャッチャーの藤田くんも赤塚くんの力投に「ビックリした」とコメント。

 

藤田くんは、U18日本代表の合宿で佐々木くん(大船渡)の163キロを受けた捕手なので、その藤田くんが驚くほどなので赤塚くんの気迫はすごかったのでしょう。

 

続く3回戦・東海大相模戦でも全31球中30球がストレート。また、赤塚くんの憧れは、藤川球児選手(阪神)で全盛期の「火の玉ストレート」を目標としています。

まだ、投手としては成長段階なので今後の赤塚くんが楽しみですね。

 

また、赤塚くんの家族に関しては、ネットで探しましたがわかりませんでした。今後、有力な情報は見つかりましたら追記しますね。

まとめ

今回は、赤塚健利(中京学院中京)の身長と体重や出身中学は?球速や球種と家族も調査について書いてきました。

 

赤塚くんの身長や体重などのプロフィールは

  • 読み方:あかつか けんと
  • 身長:193cm
  • 体重:103kg
  • 幼稚園の時の身長:175cmくらい
  • 靴のサイズ:30cm超
  • 出身地:静岡磐田市
  • 出身中学校:磐田市福田中学校
  • 出身シニア:掛川シニア

でした。

幼稚園ですでに身長が170cmで超えていたのには驚きですね。憧れの藤川選手のようにストレートで勝負できる投手なので見ていてもワクワクが止まらないです!