野球

内山壮真(星稜)の身長や出身中学や彼女は?兄と父の空手やキャチャーもできる?

こんにちは、シュウです。

ついに甲子園が始まりましたね!

 

今年は昨年の大阪桐蔭ような圧倒的な実力を持つ学校はありませんが、やはり優勝候補の筆頭は、奥川くんと山瀬くんの超強力バッテリーがいる星稜でしょう。

 

現在、星稜は18年の春から4季連続で甲子園に出場しています。奥川くんたち選手の力もありますが、そこはやはり林和成監督の指導方法がよいのでしょう。

 

その林監督が1年春から3番を打たせ、秋からは4番を任せているのが内山壮真くんなんです。

そういえば、星稜に入る前からスーパー1年生として騒がれてましたね!

 

それでは、内山壮真(星稜)の

  • 身長や出身中学や彼女は?
  • 兄と父の空手
  • キャチャーもできる?

を中心に調べていきたいと思います。

<

内山壮真(星稜)の身長や出身中学・シニアやキャッチャーもできる?

https://twitter.com/papamaster1215/status/1156896681557839872?s=20

 

それでは、簡単に内山壮真くんのプロフィールを見ていきましょう!

  • 生年月日:2001年8月12日
  • 読み方:うちやま そうま
  • 身長:172m
  • 体重:72kg
  • 出身地: 富山県上市町
  • 出身小学校:上市町立宮川小学校
  • 出身中学:星稜中学
  • ポジション:ショート・キャッチャー
  • 投打:右投・右打
  • 50m:6.3秒
  • 遠投:110m
  • 家族:父・母・兄

 

<地方大会の成績>

  • 打数:14
  • 安打:6
  • 打点:8
  • 2塁打:1
  • 本塁打:2
  • 打率:.429
  • 三振:3
  • 四死球:6
  • 盗塁:1

内山くんは、小学3年の時に滑川東部スポーツ少年団で軟式野球を始めます。

星稜中でも部活で野球部に所属。シニアでないので軟式野球ですね。

初めはショートのポジションでしたがキャッチャーに転向します。これが見事にハマり全国大会で2回優勝し、U-15日本代表にも選出されアジア選手権でベストナインと本塁打王を獲得しています。

高校に進学後は、1年の春からポジションをショートに変えて3番としてレギュラーに。秋からは、4番として活躍。

 

あまりショートとキャッチャーをできる人はめったにいないですね。内野だとショートを守れれば、ピッチャーを含めキャッチャー以外は守れるんですが・・・・

 

個人的には、内山くんはソフトバンクの今宮選手になんとなく感じが似ている気がします。ちょうど身長も同じで2人もポジションがショート。打撃も長打も打て強肩。

 

なので、来秋のドラフトではかなり注目されるのではないかと思いいます。

 

また、ネットで内山くんの彼女に関して探しましたが、有力な情報を見つけることができませんでした。今後わかりましたら追記していきますね。

ですが、強豪の星稜だと練習で時間がないのでは・・・

スポンサーリンク



内山壮真(星稜)の兄と父の空手について!

 

続いて内山くんの兄についてみていきましょう。

兄の雄真くんは、富山東・野野球部の3年生。夏の富山大会では、1番ライトとして活躍。かつては、腰の故障でドクターストップもかかっていたほど重症でした。(高校1~2年の夏まで)

ですが、弟の活躍を励みに辛いリハビリにも耐え見ごとに復活しました。幼い頃は、父親が自宅を改造して作ってくれた練習場で兄弟仲良くノックや打撃練習をしていたそうです。

 

あと、父親なんですが全国空手選手権で優勝したこともある実力の持ち主。その影響で内山くんは2歳から道場に通い、小学時代には空手の富山県大会で4回も優勝しています。

 

ですが、野球で甲子園を目指すために小学5年で空手はやめています。

内山くんの身体能力の高さは、幼い頃の空手にあったんですね!

まとめ

今回は、内山壮真(星稜)の身長や出身中学や彼女は?兄と父の空手やキャチャーもできる?について書いてきました。

内山くんの身長や出身中学は、

  • 172cm
  • 星稜中学校

でした。

強豪校の注目選手のほとんどが硬式出身ですが、内山くんは軟式の出身です。星稜中学時代は、全国大会で2回も優勝し、U-15日本代表に選出されアジア選手権ではベストナインと本塁打王を獲得しています。

少し気が早いですが、来秋のドラフトが楽しみですね!