野球

高校野球2019夏の大阪大会チケットの購入方法は?当日券や料金も調査!

こんにちは、シュウです。

去年、一昨年と全国で圧倒的な強さを誇った大阪桐蔭ですが、さすがにその反動で今季のチームは苦しんでいるようですね。

なので、飛び抜けた高校がなくどのチームも優勝=甲子園を狙えるので、いつも以上に力がはいるのではないでしょうか。

それでは、高校野球2019夏の大阪大会チケット(入場券)の

  • 購入方法
  • 当日券や料金
  • 準決勝・決勝の日程や時間と混雑

を調査していきたいと思います。

<

高校野球2019夏の大阪大会チケット(入場券)の購入方法は?

大阪大会のチケット(入場券)は、基本的に、当日券のみで各球場の窓口で販売しています。

なので、見に行きたい試合の球場のチケット販売所で購入すればOKです。

 

また、夏の大阪大会は勝ち進むと抽選が行われて対戦相手が決まります。

  • 4・5回戦:7月17日(水) 
  • 準々決勝・準決勝:7月22日(月)

 

◎◎「最新の組合せ・日程」はコチラ

 

そして、2019年の夏の大阪大会は、ついに戦国時代に投入した気配が・・・

もちろん履正社・大阪桐蔭の2強が優勝候補にはなってますが、春季大会・優勝の大商大や近大付、さらには、箕面(みのお)学園や東海大仰星といたところも勢いに乗れば・・・という展開で大激戦が予想されます。

 

 

スポンサーリンク



高校野球2019夏の大阪大会の当日券(入場券)や料金も調査!

続いて当日券(入場券)の料金を見ていきましょう!

コチラも各球場で同じ料金となっています。

<入場券の料金>

  • 一般700円
  • 中高生300円
  • 小学生以下は無料
    ※外野は無料。

 

大阪大会の準決勝・決勝の日程や時間と混雑

 

準決勝からシティ信金スタジアムで開催されます。

【準決勝】7月27日(土) 

  • 10:00 金光大阪vs東海大仰星
  • 12:10 履正社vs近大附

 

【決勝】7月28日(日) 13:00
※雨天順延あり

野球が人気な大阪では、決勝はもちろん準決勝も大変混雑が予想されます。

特に大阪桐蔭や履正社などはファンも多くいるので、登場する試合はかなり早めに球場に到着し待たないと入場することも困難な可能性があります。

まとめ

今回は、高校野球2019夏の大阪大会チケットの購入方法は?当日券や料金も調査!について書いてきました。

基本的には、試合が開催される各球場のチケット販売所で入場券を購入することができます。

今年の夏の展開としては、履正社と大阪桐蔭の2強は健在ですが、どこの高校も力が拮抗しているのでどのチームにもチャンスがあるという感じですね。