テレビ 

木村亮介(インディアンス)の経歴と身長や出身高校は?結婚や彼女も調査!

こんにちは、シュウです。

今年もいよいよM1グランプリの季節がやってきましたね!

 

出場者たちは、夏からがんばって優勝を目指しているので長期間の戦いになるのですね。でも優勝した暁には、一気に知名度が上がったり1,000万円の賞金も獲得できるので夢見て頑張っちゃいますね(*^^*)

 

今回は、M1グランプリ決勝に出場した中で優勝候補の筆頭となる「インディアンス」の木村亮介さんについて紹介していきたいと思います。

 

先日開催された、「THE MANZAI マスターズ」でもトップに送られる 「たけし賞」も受賞しており波に乗ってます!

 

それでは、木村亮介(インディアンス)の

  • 経歴や出身高校と身長
  • 結婚や彼女

を中心に調査してみたいと思います。

<

木村亮介(インディアンス)の経歴や身長と過去の受賞歴などのプロフィール

 

まずは、木村亮介(インディアンス)の経歴などのプロフィールを簡単に見ていきましょう!

  • 名前:木村 亮介(きむら りょうすけ)
  • 出身地:大阪府箕面市
  • 生年月日:1987年12月24日
  • 年齢:31歳(2019年12月22日現在)
  • 身長:170cm
  • 体重:59kg
  • 血液型:O型
  • 趣味:ランニング・グルメ巡り
  • 特技:口でトランペットの音を出せる
  • 所属:吉本興業
  • 2008年:NSC大阪校 31期生

 

相方の田淵さんとは、2010年10月に「インディアンス」を結成。ただ、1度解散して再結成しています。

 

また、2016年4月からは、活動の拠点を東京に移し、現在はヨシモト∞ホールのファーストクラスメンバーとして活動しています。

 

インディアンスの受賞歴

さすがにM1グランプリ決勝で優勝候補と言われているので、過去に参加した大会では多くの受賞歴があります!

 

  • 2012年 MBS「第10回漫才アワード」決勝進出4位
  • 第43回「NHK上方漫才コンテスト」決勝進出
  • 第48回「上方漫才大賞」新人賞受賞
  • 第33回「今宮戎神社こどもえびす漫才新人コンクール」新人漫才奨励
  • 第1回「関西演芸しゃべくり話芸大賞」決勝進出
  • 2013年CX「THE MANZAI」認定漫才師
  • 2014年 第44回「NHK上方漫才コンテスト」本戦進出
  • 2015年 NHK上方漫才コンテスト準優勝
  • 2016年 ABC「お笑いグランプリ」決勝進出
  • 2016年 M-1グランプリ2016 準決勝進出
  • 2017年 第47回NHK上方漫才コンテスト 本戦進出
  • 2018年 第5回NHK新人お笑い大賞 本戦出場
  • 2018年 第48回NHK上方漫才コンテスト 準優勝
  • 2018年 Ⅿ-1グランプリ2018 準決勝進出
  • 2018年 Cygames THE MANZAI プレマスターズ2018 優勝
  • 2019年 第49回NHK上方漫才コンテスト 本戦進出

[the_ad id=”6380″]

木村亮介(インディアンス)の出身高校や大学

続いて、木村さんの出身高校や大学についても見ていきますね。

 

木村さんの出身大学は、「大阪産業大学」ですが、中退しています。また、大学に在学中に和泉修が(お笑いコンビ・ケツカッチンの1人)客員講師をつとめるお笑い講座を受講しています。

 

この講座を受けた後に中退しているので、お笑いの世界に入る決心が出来たのでは?

 

かつて木村さんは、高校卒業後にもお笑いの世界に入ろうとしたときがありました。でもそのときは、1人で踏み込む勇気がなかったのでやめています。

 

また、木村さんの出身高校は、ネットで探しましたが、情報が見つかりませんでした。

 

[the_ad id=”6380″]

木村亮介(インディアンス)の結婚や彼女

また、木村さんの年齢から考えると結婚していてもおかしくない年齢ですね。なので、結婚に関してネットで探しましたが、有力な情報は見つかりませんでした。

おそらく、まだ結婚はしていないようです。

 

では、彼女はいるのでは??

と思い調べてみましたが、コチラに関しても残念ながら情報はありませんでした。

 

これからの芸人さんなので、活躍してテレビなどに出演が増えたりすると、情報が出てくると思うので、わかりましたら追記していきますね。

木村亮介(インディアンス)の経歴や出身高校と身長は?結婚や彼女も調査!のまとめ

今回は、木村亮介(インディアンス)の経歴や出身高校と身長は?結婚や彼女も調査!について書いてきました。

 

 

優勝候補の筆頭と言われると以外にも優勝できないケースが多くあるので、そんな迷信を吹き飛ばして是非、M1グランプリで優勝してほしいですね!