藤澤五月の経歴や出身高校と家族(父・母・姉)は?移籍理由やカワイイ画像も!

こんにちは、シュウです。

平昌オリンピックの特集を書いています。今回は、女子カーリング・日本代表メンバーで本橋麻里選手とともにカワイイと話題の「藤澤 五月選手」を見ていきたいと思います。

もちろんカーリングの実力もとても素晴らしく、ジュニアの頃から注目されていました。

ちょっと藤澤選手を調べてみると・・・

「家族が現役カーリング選手?」とか以前に所属していた強豪チーム「中部電力」からの電撃移籍などを発見!

なので、 藤澤五月選手の

  • 経歴や出身高校と家族(父・母・姉)
  • 移籍理由やカワイイ画像

を中心に詳しくみていきたいと思います。

スポンサーリンク

藤澤五月(女子カーリング)の経歴や出身高校と家族(父・母・姉)は?

まずは、藤澤選手のプロフィールからみていきましょう。

  • 生年月日:1991年5月24日
  • 出身地:北海道北見市美山町
  • 身長:156cm
  • 出身中学:北見市立北中学校
  • 出身高校:北海道北見北斗高校
  • 所属:株式会社コンサルトジャパン
  • 所属チーム:ロコ・ラソーレ(LS北見)

藤澤選手は、両親の影響で5歳からカーリングを始めその才能に地元のニュースが「天才少女」と報じ、父親も「ターゲットどおりにストーンを出す技術は、ジュニアのころから抜けていましたね」と話しているほどです。

高校卒業後は、カーリングを創部したての中部電力に入社しそこから日本選手権で4連覇するなど黄金時代を作り上げました。

一方、技術的には素晴らしいのですが藤澤選手も自覚している「メンタル面の弱さ」が足を引っ張り、2014年・ソチオリンピックに最有力といわれていましたが落選してしまうことに。

が、

LS北見に移籍後はチームメイトの支えなどからメンタル面の弱さも徐々に克服し2016年には、「日本選手権で優勝」・世界選手権では日本女子カーリング史上初となる「銀メダル」を獲得。

さらには2017年12月にオリンピックの前哨戦となる「国際カーリング選手権」では、「優勝」するなど平昌オリンピックでもメダルの期待ができそうです。

藤澤選手の家族(父・母・姉)は?

藤澤選手の家族は、両親・兄・姉の五人家族でカーリング一家として有名です。

父の充昌さんは、藤澤選手が幼少時代に所属した「ステイゴールドⅡ」でコーチをしており、しかも現役選手。

2016年1月にミックスダブルス選手権で夫婦で出場し「3位」を獲得。北海道代表として全国大会に出場しています。

兄や姉も詳細はわかりませんでしたが、カーリングで各大会に出場していたようです。

両親がまだ現役でしかも全国大会まで出場するとは驚きですね!

スポンサーリンク

藤澤五月(女子カーリング)のLS北見への移籍理由やカワイイ画像も!

藤澤選手は、2015年4月に中部電力から現在所属している「LS北見」に移籍しています。

この移籍についてネットでも話題になりました。

藤澤選手は、この移籍の理由について
「環境を変えたかったから」
と話しています。

その当時、藤澤選手の所属する中部電力は日本選手権「4連覇」と黄金時代を迎えてソチ五輪の大本命でした。しかし大事なところで力が発揮できずに日本代表決定戦でもメンタル面の弱さを露呈してしまいました。

オリンピック出場を逃した藤澤選手は、失意のどん底で

「カーリングをやってていいんだろうかと思った。」などと話しています。

さらに輪をかけて中部電力がカーリングに力を入れないことになりました。そこに藤澤選手の地元である北見市のチームLS北見の本橋選手から誘いがあり移籍したのではという説が有力です。

☆☆笑顔がカワイイ藤澤選手の画像!

☆6歳の頃の藤澤選手!

引用元:週刊FLASH

まとめ

今回は、 藤澤五月の経歴や出身高校と家族(父・母・姉)は?移籍理由やカワイイ画像も!について書いてきました。

藤澤選手は、5歳の頃から両親の影響でカーリングを始め、地元のニュースで「天才少女」と報道されるほど幼少時代からセンスがずば抜けていました。

出身高校は、北海道北見北斗高校でその後は長野にある中部電力に入社し、日本選手権で4連覇するなど黄金時代を築きました。

移籍理由としては、ソチ五輪を逃してメンタル的に弱くなっており、環境を変えたいとのことでした。

直近の大会でも好成績を残しているので、メダルを期待できそうなので女子カーリングから目が離せませんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする