野球

畔柳亨丞(中京大中京)の出身中学や読み方と身長は?球速・球種や家族も!

こんにちは、シュウです。

2020年のドラフト会議が終わったばかりですが、2021年のドラフト候補の高校生投手のメンバーがヤバい!!ようです。

2年生で150キロ以上をマークした投手が盛りだくさん!

2021年のドラフトまでまだ1年もあるのに・・・

これからどんだけ成長していくのかすごく楽しみですね。

その中の1人が、中京大中京のエース・畔柳亨丞くん。

中日に1位指名された高橋くんがいたのに、まだこんなすごい投手がいるとは・・・

さすが名門の中京大中京ですね!

それでは、畔柳亨丞(中京大中京)の

  • 出身中学やシニア
  • 読み方と身長
  • 家族と球速・球種

を中心に調査していきたいと思います。

<

畔柳亨丞(中京大中京)のwikiプロフィールや身長と読み方

 

まずは簡単に、畔柳くんのプロフィールを紹介していきます。

  • 生年月日:2003年5月3日
  • 読み方:くろやなぎ きょうすけ
  • 身長:177cm
  • 体重:80kg
  • 出身地:愛知県豊田市
  • ポジション:投手
  • 投打:右投・右打

畔柳くんは、小学校から野球を始め、中学時代は、U15ワールドカップのメンバーに選ばれたこともあり、高校の進学先も注目されました!

やはり、日の丸を背負うと実力もさながら、世界大会という大きな大舞台で試合ができるので、すごく貴重な経験ができますね。

中京大中京に進学すると、1年の夏から公式戦に出場し、最速142キロをマークするなど期待されていましたが、1年の秋から右ヒジ痛を発症。

そして、2年の秋にはエースとして復活し、県大会では「150キロ超」を叩き出し、2021年のドラフト候補の目玉として注目を浴びています。

 




畔柳亨丞(中京大中京)の出身小学校と中学校

 

続いて畔柳くんの出身小学校や中学を見ていきましょう。

  • 出身小学校:不明
  • 出身中学: 豊田市立竜神中学校
  • 出身シニア:SASUKE名古屋ヤング

畔柳くんは、中学時代に「SASUKE名古屋ヤング」に所属し、エースとしてチームを3回も全国大会に導いています。

  • 2018年ヤングリーグ春季大会(3位決定戦)
  • 2018年ヤングリーグ選手権大会(2回戦)
  • 2018年ヤングリーググランドチャンピオン大会(ベスト8)

 

中学時代からストレートの球速は、「130中盤~後半」を投げており、速球派の本格右腕として活躍。

 

さらに、中学3年時に「第4回 WBSC U-15 ワールドカップ」のメンバーとして選ばれ、残念ながら、優勝までには手が届きませんでしたが、チームを4位に貢献しています。

もちろん、優勝することが一番いいですが、アメリカ、パナマ、台湾など世界には強豪が揃っているので、その中で4位に入ってことは素晴らしいですね。

 

また、そのチームの中から大阪桐蔭に進学した選手が5人!!

  • 池田陵真 (外野手) 
  • 竹中 勇登(投手)
  • 樋上颯太(投手)
  • 坂 玲哉(捕手)
  • 花田旭(外野手)

そりゃ、大阪桐蔭が強いわけですね(*´ω`*)

 




畔柳亨丞(中京大中京)の球速や球種

 

畔柳くんの最高球速は、「151キロ」。

まだ、この時期なので、ひと冬越えて最高速度がどこまで伸びるか楽しみですね(*´ω`*)

ちなみに同じこの時期では、前エース高橋くんの最高速は「148キロ」なのですでに超えています!

もちろん、スピード勝負ではないのはわかっていますが、本当に成長が楽しみな選手!!

 

球種は、

  • スライダー
  • カーブ
  • チェンジアップ

1年時にヒジ痛を発症しているので、ヒジや方に負担のかかる変化球はあまり投げないかもしれませんね。

それよりも、ストレートが速いのでスピードだけでなくキレも磨いて、藤川球児投手(阪神)のように、ストレートとわかっても打てないような「火の玉ボール」を目指して欲しいですね(*´ω`*)




畔柳亨丞(中京大中京)の家族や彼女は?

 

また、畔柳くんの家族や彼女に関して、ネットで情報を探しましたが、有力な情報を見つけるまでには至りませんでした。

今後の活躍で少しずつわかってくると思いますので、追記しますね。

 




 

畔柳亨丞(中京大中京)の出身中学や身長と読み方は?家族と球速・球種も!まとめ

今回は、畔柳亨丞(中京大中京)の出身中学や身長と読み方は?家族と球速・球種も!について書いてきました。

畔柳くんの身長は、「177センチ」で読み方は、「くろやなぎ きょうすけ」でした。

最高球速も「151キロ」とすでに150キロを超えています。

もちろん、スピードだけではチームを勝利に導けませんが、やはり球速は野球ファンにとって夢がありますから!