野球

早川隆久(早大)出身高校や経歴と身長は?家族と球速や球種も調査!

こんにちは、シュウです。

いよいよ、ドラフト会議の日が迫ってきましたね!

今年は、コロナの影響で、ほとんど試合ができなかったので、なかなか各球団のスカウトたちにアピールする場がなくて、プロ志望の選手たちは大変だったのではないでしょうか。

ですが、昨年に比べてプロ野球志望届けを提出した選手は、大幅に増えています。

 

それでは、早川隆久(早大)の

  • 出身高校や経歴と身長
  • 家族と球速や球種

を中心に調査していきたいと思います。

 

 

<

早川隆久(早大)のプロフィールや経歴と身長

 

まずは、早川くんの簡単なプロフィールを見ていきましょう!

  • 生年月日:1998年7月6日 
  • 読み方:はやかわ・たかひさ
  • 身長:180cm
  • 体重:80kg
  • 出身地:千葉県山武郡横芝光町
  • ポジション:投手
  • 投打:左投・左打

今年のドラフトで最注目選手です。

高校時代からドラフト候補として、注目されましたが早川くんは早大に進学。

早大の小宮山監督(元ロッテ)のもとでさらに成長しました。

小宮山監督のコメントでは、「20年に一人のサウスポー」と最大の評価もありました。

また同じ早大出身の和田選手(ソフトバンク)と比較されるようですが、早川くんのほうが速いボールを投げられることから小宮山監督は、「和田選手よりも価値がある」と冗談めかしながら発言も。

ソフトバンクやメジャーで活躍した和田選手と比較されるほど、素晴らしい選手で即戦力なので、間違いなくドラフトでは競合になるのではないかと個人的には考えています。




早川隆久(早大)の出身小学校や中学と高校時代

 

続いて、早川くんの出身小学・中学や高校時代も紹介していきます。

  • 出身小学校:横芝光町立上堺小学校小学校
  • 出身中学:横芝光町立横芝中学校
  • 出身シニア:なし

小学校では、1年生から上堺SBCでソフトボールを始め、中学時代は、横芝中学校で野球部に所属し、投手&1塁手として活躍し県ベスト8。

また、シニアなどには入っていませんでした。

木更津総合に入学するとヒジ痛を発症し、外野に転向したことも。

1年の秋からは、ヒジの状態も良くなり投手として活躍し、関東準優勝で、センバツ出場に大きく貢献しています。

<甲子園・成績>00

  • 2年春:2回戦
  • 3年春:ベスト8
  • 3年夏:ベスト8




早川隆久(早大)の球速や球種とフォーム

 

早川くんの最高球速は、「155キロ」。

この体格なので、左投手の最高速度「160キロ」に期待しちゃいますね(*´ω`*)

球種は、

  • スライダー
  • カーブ
  • チェンジアップ
  • ツーシーム

 

ストレートも常時145キロ前後でコントロールもよく、マウンド度胸も抜群。

間違いなく即戦力で、ケガさえなければ、来春の開幕には1軍で投げていると思います。

また、現在までの日本人・左投手での最速は、

「2017年 菊池雄星選手(西武時代) 157キロ」

です。なので、順プロに入って順調に成長すれば、この記録を抜いて日本人最速左投手になるのは時間の問題だと思います。

ちなみに、世界最速の左投手となると

  • アロルディス・チャップマン(ヤンキース)
  • 104.4mph(168.0km/h)

となっており、左投手だけでなく世界最速となっています。

もちろん、投手は、チームを勝利に導くために投げるのであって、ボールを早さを競うわけでもありません。

ですが、ボールの速さは、見ている人を魅了するのでやはり、できる限りスピードボールを投げて欲しいですね!




早川隆久(早大)の家族や彼女は?

https://twitter.com/coffeecompany8/status/1316854868926054400?s=20

 

また、早川くんの家族や彼女に関して、ネットで情報を探しましたが、有力な情報を見つけるまでには至りませんでした。

今後の活躍で少しずつわかってくると思いますので、追記しますね。

家族構成は、現時点でわかっている情報は、

「父・母・姉×2人」

です。




早川隆久(早大)出身高校や経歴と身長は?家族と球速や球種も調査!のまとめ

今回は、早川隆久(早大)出身高校や経歴と身長は?家族と球速や球種も調査!について書いてきました。

早川くんの出身高校は、千葉の強豪校「木更津総合」でした。

高校時代は、3回甲子園に出場しており、最高はベスト8。

早大二進学後、小宮山監督の元で、さらに成長し今年のドラフトで最注目の1人になっています。