野球

伊藤樹(仙台育英)の出身中学や身長と読み方は?家族や球速・球種も調査

こんにちは、シュウです。

1年生から甲子園で笹倉くんとともに仙台育英を引っ張ってきた伊藤くん。

あっと今に最高学年になり、センバツでの活躍や今秋のドラフト候補にも挙げられ、注目選手の1人。

なので今回は、伊藤樹(仙台育英)の

  • 出身中学や身長と読み方
  • 家族や球速・球種

を中心に調べていきます。

<

伊藤樹(仙台育英)の出身中学や身長と読み方は?

 

 

それでは、簡単に伊藤樹くんのプロフィールを見ていきましょう!

  • 生年月日:2003年8月24日
  • 読み方:いとう たつき
  • 身長:178cm
  • 体重:78kg
  • 出身地:秋田県大仙市
  • 出身小学校:仙南東小学校
  • 出身中学:秀光中学校
  • 出身シニア:なし
  • ポジション:投手
  • 投打:右投・右打
  • 家族:父・母・兄

 

伊藤くんは、小学2年の時に野球を始め捕手をやっており、東北6県から選抜される楽天Jrに入ります。その時に中学時にチームメイトだった笹倉くんのボールを受けていました。

 

中学の時の1年の秋に捕手から投手に転向。その後は、笹倉くんと左右のダブルエースとして秀光中学の3年連続で全国大会出場に貢献します。

 

中学3年の時に全国大会の決勝でタイブレークの末あの中学時代にMAX150キロ出した森木くんの高知中学に敗れる。

そして、中学生でMAX144キロを記録。

 

よくスーパー中学生が140キロ以上投げて話題になっていますが、そのほとんどが硬式ボールを投げています。テニスのボールと同じで硬式のほうが固く少し重いです。

 

なので、軟式よりも硬式のほうが速度は出ます。なので、軟式で140キロ以上出すとはちょっと考えられないくらいの速度です。

 

ちなみに中学生だと

  • 120~130:平均
  • 131~140:速い
  • 140~:ヤバイくらい速い ほとんどいない

という感じです。そして、もうひとりの左のエース笹倉くんもMAX147キロなので中学時代は、ほとんど無敵だったのではないでしょうか!

 

仙台育英に進学後は、春からベンチ入りし夏の宮城大会の決勝でも7回からリリーフで登板し3回を無失点に抑えています。

伊藤くんの目標は、3年生までにMAX150キロ超を出すことです。1年生でこれからフィジカル的にもどんどん成長していくので、怪我さえなければかなり可能性的には高いと思います。

 

普通は、中学生で144キロ投げてるんだから3年生までに150キロなんて簡単に行くのではないかと思うかもしれません。

でもプロ野球の世界でも150キロを投げるピッチャーは数えるくらいしかいません。なので、150キロというのはとんでもない数字なんです。

 




伊藤樹(仙台育英)の家族や球速・球種も調査

 

続いて伊藤くんの球速や球種についてみていきましょう!

球速はMAX147キロ。まだ、中学時代のMAX144キロから徐々に伸びていますね。球速以外にもボールの質やキレに磨きがかかっているのでは!?

球種は、

  • スライダー
  • カーブ
  • ツーシーム
  • スプリット
  • チェンジアップ

 

100キロ台のゆるいカーブがあるので、球速に変化をつけることができ、高低差をつける落ちるボールのスプリットがあります。

家族については、両親と兄がいるとのことでしたが詳細に関してはわかりませんでした。

 




伊藤樹(仙台育英)の出身中学や身長と読み方は?家族や球速・球種も調査まとめ

今回は、伊藤樹(仙台育英)の出身中学や身長と読み方は?家族や球速・球種も調査について書いてきました。

 

伊藤くんの出身中学や身長などは、

  • 読み方:いとう たつき
  • 身長:175m
  • 出身中学:秀光中学校

でした。

球速は、高校ではMAX142キロで球種は、

  • スライダー
  • カーブ
  • スプリット

です。