野球

佐々木麟太郎(花巻東)出身中学や身長とポジションは?父親が監督で打撃フォームがボンズ?

こんにちは、シュウです。

1年生ながら高校通算ホームランがヤバいことになっている佐々木くん。

メジャー選手を2人も出している強豪・花巻東で活躍していますね。

しかもフィジカルがすでにプロ顔負けで、今後どのくらいホームランを打つか楽しみな選手。

 

それでは、佐々木麟太郎(花巻東)の

  • 出身中学や身長とポジションは?
  • 父親が監督で打撃フォームがボンズ?

を中心に調査していきたいと思います。

佐々木麟太郎(花巻東)出身中学や身長とポジションは?

 

まずは簡単に佐々木くんのwiki風プロフィールを見ていきましょう!

  • 生年月日:2005年4月18日生まれ
  • 読み方:ささき りんたろう
  • 身長:183cm
  • 体重:117kg
  • 出身地:岩手県北上市
  • 出身小学校:北上立江釣子小学校
  • 出身中学:北上立江釣子中学校
  • 出身シニア:金ヶ崎リトルシニア
  • 投打:右投:右投・左打
  • ポジション:ファースト
  • 家族:両親・妹

佐々木くんは、小学2年生の時に軟式野球チーム「江釣子ジュニア」で野球を始めます。6年時には岩手県選抜に選ばれ「4番・捕手」として活躍。

そして、中学時代は、「金ケ崎シニア」でプレーし、2年夏に「4番・三塁」で東日本選抜大会優勝。

その時の監督が、大谷翔平選手の父親が監督。

ちなみに大谷翔平選手は、花巻東時代に現在の監督でもある佐々木くんの父に指導を受けています。

すごく面白い縁ですね。

なので、佐々木くんが将来メジャーで活躍する布石かもしれませんね(笑)

高校は、花巻東に進学し、1年生の春からベンチ入り。すぐにレギュラーを獲得し公式戦でも「2番・ファースト」で出場。

さらに、春の県大会2回戦・準々決勝の2試合マタギで3打席連続ホームランを打ち、プロ野球スカウト陣をうならせました。

高校に入ってわずか、2ヶ月で競合・花巻東でレギュラーを獲得するなんてヤバいのにさらにホームランを大量生産するのは、もう規格外!!

フィジカルもすでにプロ級といっていほどの体型なので、このまま順調に成長していけばプロ野球やメジャーに進む可能性は高いのでは!?

 

 

 

佐々木麟太郎(花巻東)の父親が花巻東の野球部監督

 

また、佐々木くんの父親は、花巻東の野球部監督。

花巻東の社会科を担当していることから「勝海舟」好きなようです。

そのことから佐々木くんの名前を勝海舟の子供頃の名前から「麟太郎」つけたそうです。

そして、新しい歴史を作ってもらいたいとの思いも込めています。

現段階でも、高校野球の歴史に残るくらいの打者として成長している佐々木くんだと思いますが、卒業rする頃にはレジン度的な存在になりそうな予感がしますね!

 

高校野球界では、けっこう父親が監督ということが多いですが、息子としてはかなりやりにくいと思います。

さらに、佐々木くんの場合は、高校入学してからすぐにレギュラーになっているので周りの目も厳しかったのではないでしょうか。

 

また、佐々木監督は、あの大谷翔平選手や菊池雄星選手を育てた名監督です。指導した選手を1人でもメジャーに入れるのでもスゴイのに2人も・・・

 

さらに大谷翔平選手は、2021年度メジャーMVPを獲得してことから、佐々木監督にもコメント欲しさに報道陣が殺到してますね。

-満票での受賞

佐々木監督 野球の技術、人としての人格、非常識な発想を常識に変えた影響力。総合的に、数字や率ではなく、全体をみて評価していただいたんじゃないかな。そういうMVPだったんじゃないかと。非常にうれしく思います。

-高校時代に今の姿を想像できたか

佐々木監督 メジャーで活躍するとか、160キロ出すとか、目標として2人で描きながらきたんですけど、MVP取るとか、かすんで、私には見えていなかった。本人が書き残していたものに、目標ではなくて決意だったと思うんですけど、「世界最高のプレーヤーになる。この道の開拓者になる」と書いていた紙がありまして。彼自身は狙ったところに、新人王も経由しながら、自分が描いたところに行ったのかなと、あらためて思いました。

引用元:日刊スポーツ

 

佐々木麟太郎(花巻東)の通算本塁打や打撃フォームがボンズに似てる?

 

佐々木くんといえば、高校通算ホームランがスゴイと話題になっていますね。

1年生のこの時期で高校通算47号はありえないですね。

ちなみに

  • 大谷翔平→高校通算56本
  • 清宮幸太郎→高校通算111本
  • 清宮幸太郎→1年時22本

なので、高校通算本塁打の記録(111本)を抜くのは時間の問題ですね。

あとは、ケガだけ気をつければドラフト1位候補であることは間違いないですね。

また、打撃フォームをメジャー最多通算762本塁打のバリー・ボンズ(元ジャイアンツ)に似せたりと打撃フォームを常に研究しているようです。

ボンズに関してはバットを動かしながらタイミングを取る形が、打ちに行くときにすごく力が入りやすかったとのこと。

佐々木麟太郎(花巻東)出身中学や身長とポジションは?父親が監督で打撃フォームがボンズ?のまとめ

今回は、佐々木麟太郎(花巻東)出身中学や身長とポジションは?父親が監督で打撃フォームがボンズ?について書いてきました。

佐々木くんの身長・体重は、

  • 身長:183cm
  • 体重:117kg

すでにプロ級のフィジカル。

また、中学時代に所属した「金ケ崎シニア」の監督は、大谷翔平選手の父親でした。

互いの父親が息子たちに教えるなんてすごく不思議な縁かもしれませんね。