野球

前田悠伍(大阪桐蔭)出身中学や身長と兄弟は?球速・球種やドラフト評価も調査!

こんにちは、シュウです。

全国からトップクラスの中学生が集まる大阪桐蔭の野球部。

メンバー全員が全国大会優勝や世界大会経験者、全日本代表など経歴だったら、間違いなく全国でトップですね。

そんな圧倒的な経歴を持つメンバーで、早くも頭角を表してきたのが前田悠伍くん。

初全国デビューの神宮大会では、相手高校の監督も脱帽するくらいの投球を見せています。

それでは、前田悠伍(大阪桐蔭)の

  • 出身中学や身長
  • 兄弟や家族と
  • 球速・球種

を中心に調査していきたいと思います。

前田悠伍(大阪桐蔭)のwikiプロフィールや身長と読み方

 

まずは簡単に、前田悠伍くんのプロフィールを紹介していきます。

  • 生年月日:2005年8月4日
  • 読み方:まえだ ゆうご
  • 身長:179cm
  • 体重:76kg
  • 出身地:滋賀県長浜市高月町重則
  • ポジション:投手
  • 投打:左投・左打

 

 

父親と4歳年上の兄が野球をやっていたことで、幼少の頃から小学生の時から始め、小学2年生のときに「高月野球スポーツ少年団」の所属します。

当初は、ファーストや外野をやっており、4年生になると投手に。

やっぱり左投げだとほとんどの確率で、投手にやらせますよね。そこで適正がなければ他のポジションになりますが、左投手は数が少ないので貴重なのが理由です。

また、小学6年生になるとオリックス・バッファローズJrでもプレーしています。

このプロ野球Jrチームは、プロの登竜門ともいわれており、年末に12球団Jrトーナメント大会を開いています。

チームの監督たちも元プロ出身者(球団OB)ばかりで、参加して話を聞いたりするだけでも選手にとっては凄くプラスになりますね。

さらに、このセレクションを突破するのがすごく難しい・・・

セレクションは1次から3次(最終選考)まであり、500人くらいから16人まで絞ります。

なので、オリックスJrでプレーをした前田くんにはとても素晴らしい経験を積んだのであhないかと思います。

 

前田悠伍(大阪桐蔭)の出身小学校と中学校

 

続いて前田くんの出身小学校や中学を見ていきましょう。

  • 出身小学校:長浜市立 古保利小学校
  • 出身中学:長浜市立高月中学校
  • 出身シニア:湖北ボーイズ

 

前田くんは、小学校から野球を始め2年生から「高月野球スポーツ少年団」に、中学時代は、「湖北ボーイズ」に所属。

  • 2018年 カル・リプケン12歳以下世界少年野球大会日本代表(優勝)
  • 2020年 村瀬杯滋賀県選抜ゴールド

 

また、U-12カルリプケン日本代表、決勝戦で韓国を5回1安打無失点に抑えチームを世界一に導く活躍をしています。

日本どころか決勝で投げ、世界一になっているとはほんとにすごいですね。

また、前田くんは高校は、湖北ボーイズでも先輩の横川くんに憧れて、大阪桐蔭に進学します。

これほどの選手なので、強豪高校からも誘いも多く、特に地元の滋賀県・強豪高校である近江高校の監督は近江高校への進学をかなり期待しており、大阪桐蔭へ決まった時はかなりがっくりしたようですね。

地元ということと、湖北ボーイズ→近江では、「土田龍空(中日)」がいたのでOBつながりもあって期待したのでしょう。

前田悠伍(大阪桐蔭)の球速や球種と投球動画

 

前田悠伍くんの最高球速は、「145キロ」。

まだ1年生なので、最高速度がどこまで伸びるか楽しみですね(*´ω`*)

球種は、

  • カーブ
  • スライダー
  • チェンジアップ
  • ツーシーム

最近は高校生でも、150キロ以上投げる投手が多いですが、やはり制球力やキレがないとバッターを打ち取ることができません。

前田くんは、特に制球力やキレがすでに抜群なので、これだけの成績を残していると思います。

さらに、右打者への外角、左打者への内角のコントロールを意識し始めてからは、抜群の成績の残しているようです。

 

前田悠伍(大阪桐蔭)の進路先やドラフト予想

 

世代ナンバーワン左腕と呼び声の高い前田くんは、間違いなくドラフト上位候補、このまま成長していけば1位候補となるのではないでしょうか。

どの球団も大型左腕は、欲しいと感じているはずです。

今後の活躍では、1位や2位の指名の可能性も十分考えられますね。

chat face=”man1″ name=”” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]来年のドラフト(指名)でもいいくらい。うちの早川みたいにキレで勝負できる[/chat]

制球力があり直球はスピンが利いている。今の段階でも完成度は高いがもっと良くなるポテンシャルがある
1年生にしては抜群。投手として全てを兼ね備えている。順調なら(再来年のドラフト)上位候補
ストレートは140キロ台の半ばが出るし、力強い球を投げる。2年後のドラフト候補になってくると思う

 

前田悠伍(大阪桐蔭)出身中学や身長と兄弟は?球速・球種やドラフト評価も調査!まとめ

今回は、前田悠伍(大阪桐蔭)出身中学や身長と兄弟は?球速・球種やドラフト評価も調査!について書いてきました。

松浦くんの身長は、179センチでまだこれからも伸びるのではないかと思います。

最高球速も「145キロ」と今後の成長が楽しみ。