野球

山下舜平大(福岡大大濠)の出身中学や身長と読み方は?家族と球速・球種も!

こんにちは、シュウです。

いよいよ、ドラフト会議の日が迫ってきましたね!

今年は、コロナの影響で、ほとんど試合ができなかったので、なかなか各球団のスカウトたちにアピールする場がなくて、プロ志望の選手たちは大変だったのではないでしょうか。

ですが、昨年に比べてプロ野球志望届けを提出した選手は、大幅に増えています。

それでは、山下舜平大(福岡大大濠)の

  • 出身中学や身長
  • 読み方や名前の由来
  • 家族と球速・球種

を中心に調査していきたいと思います。

<

山下舜平大(福岡大大濠)のwikiプロフィールや身長と読み方

 

まずは簡単に、山下くんのプロフィールを紹介していきます。

  • 生年月日:2002年7月16日
  • 読み方:やました しゅんぺいた
  • 身長:189cm
  • 体重:93kg
  • 出身地:福岡市
  • ポジション:投手
  • 投打:右投・右打
  • 50m走:6秒7

野多目小3年時から軟式チームで野球を始め、三宅中学校では軟式野球部で投手・捕手。

夏の甲子園・交流試合が終わってから開催された「プロ志望高校生合同練習会」では、改めてスカウトたちが大絶賛!!

今年のドラフトでは、高校生ナンバーワン投手として高橋くん(中京大中京)を上げるスカウトが多い中で、ストレートの伸びなどに関しては、山下くんのほうが上と言う声も。

身長も189センチと体格的にも恵まれているので、今後の伸びしろが楽しみな選手の1人ですね。




山下舜平大(福岡大大濠)の出身小学校と中学校

https://twitter.com/waiwai_aqua/status/1319734895007178757?s=20

 

続いて山下くんの出身小学校や中学を見ていきましょう。

  • 出身小学校:福岡市立野多目小学校
  • 出身中学:福岡市立三宅中
  • 出身シニア:なし

地元の小中学校に通っており、中学ではシニアに所属しないで三宅中学の野球部に入っていました。

そして、中学3年秋のKWB大会(県選抜)で全国準優勝しています。

また、中学時代は、捕手の経験もあります。

通常、投手が捕手をやるというのはあまりありません。

やはり、捕手だとポジション的にケガをしやすく投手にとって大事な利腕をケガしてしまうからです。

プロレベルになると寝るときにも利腕を下にして寝ないほど、気を使っているんです!

なので、非常に珍しいケースですね。




山下舜平大(福岡大大濠)の球速や球種

 

山下くんの最高球速は、「153キロ」。

この体格なので、最高速度がどこまで伸びるか楽しみですね(*´ω`*)

球種は、

  • カーブ

しか確認できませんでした。もしかするとカットボールやツーシームなどの小さく曲がる変化球もあるかもしれませんね。

ですが、変化球はヒジや肩に負担がかかるので、将来のことを考えて投げていなかったかも!

そういえば、桑田真澄さん(元巨人)も同じ考えで、高校時代は肩やヒジに負担がかかる変化球は投げておらず、山下くんと同じカーブだけ。

なので、もし桑田さんと同じ考えで変化球を投げていなかったとしたら、相当、プロ意識が強いので、将来の活躍が期待できそうです!




山下舜平大(福岡大大濠)の家族や彼女は?

https://twitter.com/masakan_koji/status/1290309773393444864?s=20

 

また、山下くんの家族や彼女に関して、ネットで情報を探しましたが、有力な情報を見つけるまでには至りませんでした。

今後の活躍で少しずつわかってくると思いますので、追記しますね。

 

また名前は「しゅんぺいた」で由来なども気になるかも!?

これは20世紀前半に活躍したオーストラリア経済学者「シュンペーター」に由来しています。

きっと山下くんのご両親が勤勉家なのではないかと思います。




山下舜平大(福岡大大濠)の出身中学や身長と読み方は?家族と球速・球種も!まとめ

今回は、山下舜平大(福岡大大濠)の出身中学や身長と読み方は?家族と球速・球種も!について書いてきました。

山下くんの身長は、189センチと素晴らしい体格。

最高球速も「153キロ」とすでに150キロを超えています。

この体格なので、かなりのポテンシャルがまだあるはずなので、夢の160キロを目標に頑張って欲しいですね。

もちろん、スピードだけではチームを勝利に導けませんが、やはり球速は野球ファンにとって夢がありますから!