野球

浅野翔吾(高松商)の身長や出身中学と進路は?父や兄弟と守備評価も調査!

こんにちは、シュウです。

世代のナンバーワンスラッガーとして名高い浅野くん。

中学時代から、と言うか小学校時代からホームランを量産しており長打力抜群でした。

また、身長はあまり高くはありませんが体格が凄まじく、長打力の源とも言えるパワーが詰まったような体型です。

そして、気になるのは今秋のドラフトや進路ではないでしょうか。

 

それでは、浅野翔吾(高松商)の

  • 身長や出身中学と進路は?
  • 父や兄弟と守備評価

を中心に調査していきたいと思います。

 

浅野翔吾(高松商)の出身中学や身長・体重などのwiki風プロフィール

 

まずは簡単に、浅野くんの出身中学校や身長などのプロフィールをみていきましょう!

  • 生年月日:2004年11月24日生まれ
  • 読み方:あさの しょうご
  • 身長:171cm
  • 体重:85kg
  • 出身地:香川県高松市
  • 出身小学校:高松市立屋島小学校
  • 出身中学:高松市立屋島中学校
  • 出身シニア:高松アークバリア
  • 投打:右投・両打
  • ポジション:主に外野手
  • 遠投:110m
  • 50m:5.9秒
  • 高校通算本塁打:64本(2022/7現在)
  • 握力:右64キロ/左62キロ
  • ベンチプレス:115キロ
  • スクワット:200キロ
  • デッドリフト:200キロ

 

浅野くんは、父とキャッチボールがきっかけで、小学3年生のときに軟式「屋島シーホークススポーツ少年団」で野球を始めます。

小学生の時からホームランを量産しており、小学4~6年の3年間でなんと95本も打っています。

ということは、小学生時代はほぼ毎試合のようにホームランを打っていたのではないでしょうか!?

そして中学時代は、出身である「屋島中学」野球部に所属し、中学3年の夏に引退するとシニアの「高松アークバリア」に所属し、こちらでも5本のホームランを打ち中学通算60本。

中学3年のときに香川県大会・四国大会で優勝し「全日本少年軟式野球」に出場(2回戦)しています。

また、中学3年の夏には、U15日本代表にも選ばれ「BFAアジア選手権の連覇」にも貢献。

高校進学は、地元の強豪・高松商業に進学。

県外の強豪校からの誘いも考えていましたが、父親からお世話になった方にプレーを見てもらえる学校でやったほうが良いと助言され進学を決めたようです。

中学生で自身のことだけを考えるだけでなくお世話になった人に感謝を忘れないことは素晴らしいし、父親の教育もとても良いですね。

高校では、1年の夏からベンチ入り、主軸としてクリーンナップを任され活躍。

秋からは、ライトでレギュラーを獲得。

2年の夏には甲子園に出場し、

  • 試合数:2
  • 打率:0.571
  • 打数:7
  • 安打:4
  • 本塁打:1

の好成績を収めます。

2年の秋からは、主将を任され翌年のセンバツを目指しますが、残念ながら県ベスト8(準々決勝で英明に2-3で敗退)止まりでした。

オフにはスイッチヒッターの練習も始めます。

そして12月には・・・・・

あのイチローさんが2日間に渡る臨時指導が行われます!

ことは、昨年(2021年)の夏の甲子園3回戦で智辯和歌山に高松商が敗戦したとき、長尾監督のコメント

「高松商もイチローさんに来てほしいですよね、と聞かれたので“あったりまえですよ。来たら優勝ですよ!”って……」

このニュースを見たイチローさんがとても興味を持ち、なんと本当にイチローさんの指導が実現!!

 

プロ大注目の浅野くんにとって、このイチローさんとの練習から得たものは想像以上のものだと思います。

やっぱり実績がある人と言うか、野球界でトップの1人であるイチローさんの助言は大変貴重なものなので、より一層浅野くんの成長を助けるものになったでしょう!

また、3年の夏には、足が速いこともありトップバッターを任され、ホームランも打てる1番打者としてチームを引っ張っています。

浅野翔吾(高松商)の守備評価は?

 

現在は、主にセンターを守っていますが、中学時代まで捕手をやっていました!

さらに、ショートやセカンドも守ることができ、ピッチャーとしても140キロを超えるボールを投げれるそうです。

すごく器用にすべてのポジションをこなすことができ、かなり上のレベルでも大丈夫だと長尾健司監督(高松商)がコメントしています。

やはり、足が早く強肩なので、オールランダー的な感じかもしれません。

なので、もしプロ行ってもどのポジションもこなすことができれば1軍で試合に出場できる機会が増えるので、活躍する日もそう遠くないかもしれません。

浅野翔吾(高松商)の父親や兄弟(家族)と彼女

 

続いて、浅野くんの父親・幹司さんは、徳島商の野球部出身。

そして、今でも調子が悪いときは動画などを見てアドバイスをくれるそうです。

やはり身近にアドバイスをくれる人がいると力強いですね。

また、母親・美枝さんは足をつりにくくなるような塩をチョイスするなど食事をケアしています。

続いて、「兄弟」ですが、こちらはネットで調べましたが、詳細はわかりませんでした。

今後の活躍でわかりましたら追記していきますね。

今後の活躍で、情報も出てくると思いますのでわかりましたら追記していきます。

ただ、浅野くんを検索すると「兄」「兄弟」が出てくるので、どちらかがいると思ったのですが・・・・

 

あと、彼女についても気になりますね。

ですが、コチラも情報は見つかりませんでした。

高松商は共学なので、おそらく彼女になりたいというファンは多いと思いますが、練習が忙しくて今はそれどころではないのではないかと思います。

浅野翔吾(高松商)のドラフト評価や査定と進路は?

https://twitter.com/8youk/status/1552638076123774977?s=20&t=4HDkNVWg20irtXiv-5x2NA

 

まだ、進路希望を出していないのでプロに進むかはわかりませんが、これほどの逸材なのでプロ志望を出せば間違いなく上位指名でしょう!

勝負を避けられても、仕留める確率が上がっている
 「野球観を持っているし、雰囲気がある。スキを突いての進塁などは、常に集中していないと思い切ってできない」
「キャプテンシーがあって、チームを勝たせようという姿は評価できる。ウチの井口監督みたいに、引きつけて打てる選手」
  「スピードがあり、肩が強く、振る力があり、身体能力が高い。身長が気にならないだけの能力を持っています。1年生の頃は、少し動きが硬いかなと思いましたが、その硬さもとれてきていると感じます」
 「高校生打者で一番注目しています。柔らかく、リストの強さを生かしたスイングができ、変化球に一振りで合わせられるタイミングの取り方もいい。上背はなくても体に力があるのでまったく気にならず、問題ありません」

これだけの素材なのでプロのスカウトもかなり注目していますね。

強肩で長打力もあり、俊足なのでかなりの上位指名は間違いないのではないでしょうか!?

浅野翔吾(高松商)の身長や出身中学と進路は?父や兄弟と守備評価も調査!のまとめ

今回は、浅野翔吾(高松商)の身長や出身中学と進路は?父や兄弟と守備評価も調査!について書いていきました。

浅野くんの出身中学は「高松市立屋島中学校」で身長は、171cm。

世代のナンバーワンスラッガーとして、この夏の甲子園で大暴れする姿を期待したいですね!