野球

マーガード真偉輝キアン(星稜)出身中学や両親の国籍と読み方は?球速や変化球の球種も!

こんにちは、シュウです。

石川県の夏季独自大会2020で、将来のドラフト候補が公式戦デビューしました!

中学時代にU15サムライジャパンにも選出され、中学時代から注目されていましたね。

コロナの影響がなければ、春季大会でおそらく公式戦にも出場していたのではないでしょうか。

また、体格もすでにドラフトされてもおかしくない感じで、今後の成長が楽しみです。

そして一番気になるのは、マーガードくんが、ハーフということです。

両親の国籍など、知りたいですね。

それでは、マーガード真偉輝キアン(星稜)

  • 出身中学や両親の国籍と読み方は?
  • 球速や変化球の球種

を中心に調査してみたいと思います。

<

マーガード真偉輝キアン(星稜)出身中学や読み方とwikiプロフ

 

それでは簡単にマーガード真偉輝キアンくんのプロフィールを見ていきましょう!

  • 読み方:まーがーど・まいききあん
  • 生年月日:2004年9月14日
  • 出身地:沖縄兼沖縄市
  • 出身小学校:沖縄市立比屋根小学校
  • 出身中学:沖縄市立美東中学校
  • 身長:185cm
  • 体重:90kg
  • 投打:右投・右打

マーガードくんは、比屋根小1年のとき「比屋根タイガース」で軟式野球を始め、美東中では「宜野湾ポニーズ」に所属し、「ポニーリーグU14日本代表」「侍ジャパンU15日本代表」に選出されます。

中学3年時には、ポニーリーグで「全日本選手権」でエースとして優勝に大きく貢献しています。

さらに、バッティングもよく4番を任されたこともあるほどの実力の持ち主なんです。

現在は、まだ1年生なのでピッチング似お菊力を入れているとは思いますが、慣れてきたら、打撃の方も注目したいですね。

また、星稜は甲子園の交流試合にも出場が決まっています。

しかも対戦相手が「履正社(大阪)」で昨年の夏の甲子園・決勝と同カード。

この調子でマーガードくんが成長していけば、強力・履正社打線との対決も見られるかもしれません!

スポンサーリンク



マーガード真偉輝キアン(星稜)の父親や母親の国籍

 

マーガードくんは、ハーフなので父親がアメリカ人で母親が日本人です。

家族構成は、父・母・兄・姉の5人家族。

両親などの詳しい情報は、現時点ではわかりませんでしたが、きっと両親もなにかのスポーツをやっていたのではないかと思います。

 

スポンサーリンク



マーガード真偉輝キアン(星稜)の最高球速や変化球の球種も!

https://twitter.com/gilubato/status/1286113121724055552?s=20

 

マーガードくんは、中学時代からすでに最速が138キロでした。

とんでもないスピードですね。

なので、現在では、140キロをすでに超えているのではと思います。

ですが、正確な最速は現時点ではわかりませんでした。

また、変化球の球種は、

  • カーブ
  • スライダー
  • カットボール
  • スプリット

と多様な変化球を持っています。

やはり、スプリットなどの落ちる系が投げられれば、三振もたくさん取れるのではないかと思います。

マーガードくん自身も「プロ野球選手になる」という夢をもち、150キロ超のボールを投げたくさん勝てる投手になりたいと話しています。

幼少の頃からエリートコースを進んでいると思います。

 

星稜高校には、数多くのプロ野球選手を育てている林監督がいるので、このまま順調に成長していけば、ドラフト候補として注目されるのは間違いないのではないでしょうか。

あとは、ケガだけ気をつけて欲しいですね。

 

スポンサーリンク



マーガード真偉輝キアン(星稜)出身中学や両親の国籍と読み方は?球速や変化球の球種も!のまとめ

今回は、マーガード真偉輝キアン(星稜)出身中学や両親の国籍と読み方は?球速や変化球の球種も!について書いてきました。

マーガードくんの父親がアメリカ人、母親が日本人の両親を持つハーフでした。

中学時代から全日本選手権優勝し、「ポニーリーグU14日本代表」「侍ジャパンU15日本代表」にも選出されています。

将来の夢は、プロ野球選手なのでぜひ、昨年のドラ1奥川くん(ヤクルト)のようになって3欲しいですね。