野球

吉田大喜(日体大)の経歴や出身高校と身長は?家族やフォームと球速・球種も!

こんにちは、シュウです。

 

いよいよドラフト会議が迫ってきましたね。ちょうどプロ野球志望届けの締切りも終わり、届けがあったのは、高校生から139人・大学生107人で合計246人。

 

その中で、ドラフト1位指名が確実とされているのは

の3人。昨年と違って今年は不作のドラフトと言われていましたが、この3人については例年に比べて悪くないのではと個人的に思っています。

 

また、この3人以外にも即戦力として期待される選手も多くいます。

 

今回は、大学生野球で屈指の投手といわれる吉田大喜(日体大)を紹介したいと思います。

 

吉田大喜(日体大)の

  • 経歴や出身高校と身長
  • 家族や球速と球種

を中心に調査してみたいと思います。

<

吉田大喜(日体大)の経歴や身長と出身中学・高校

 

それでは、簡単に吉田選手のwiki風プロフィールを見ていきましょう!

  • 読み方:よしだ だいき
  • 生年月日:1997年7月27日
  • 身長:175cm
  • 体重:77kg
  • 出身地:大阪府茨木市
  • 出身小学校:茨木市立白川小学校
  • 出身中学校:茨木市立東雲中学校
  • 出身シニア:なし
  • 出身高校:大阪府立大冠高校
  • 投打:右投・右打
  • ポジション:投手

 

吉田選手は、小学5年生から「若鮎スポーツ少年団」で軟式野球を始めます。中学時代は、硬式を扱うシニアやボーイズリーグに所属せずに、中学校の野球部に。2年生の時に外野手から投手に転向。

 

大冠高校に進学後は、1年の夏の大阪府大会からベンチ入りし、先発・救援とフル回転でチームに貢献。

2年の春には大阪府大会でベスト4に進出。

 

しかし、大阪は大阪桐蔭や履正社と筆頭とする強豪揃いだったので、さすがに公立校ではその壁を最後まで打ち崩すことはできませんでした。

 

甲子園の出場経験はありませんが、プロ志望届を提出し、ドラフト会議で指名されることを待ちましたが、指名漏れ。

悔しさをバネに日体大に進学すると、1年の秋からリーグ戦に出場。

侍ジャパン大学日本代表にも選出されるなど、今年のドラフトで1位指名が確実な森下くん(明治大)と「大学右腕で双璧」とまでいわれるくらいに成長しました。

スポンサーリンク



吉田大喜(日体大)の最高球速や球種と投球フォーム

吉田選手の最高球速は、「151キロ」

 

球種は、

  • スライダー(2種類)
  • カーブ
  • スプリット

 

吉田大喜(日体大)の投球フォーム

ノーワインドアップからゆっくり足を上げて投げ込む右の本格派投手。

 

制球も良く、自身のストレートと2種類のスライダーを織り交ぜながら、カウントを取りスプリットで三振を奪うのが基本スタイル。

 

もちろん即戦力で、先発でもいいし、三振も取れるのでストッパーとしても活躍できそうですね!

スポンサーリンク



吉田大喜(日体大)の家族と彼女

また、吉田選手の彼女や家族に関しては、ネットで探しましたが有力な情報は見つかりませんでした。今後わかりましたら、追記していきますね。

 

もう大学生で、これほど有名な選手なので彼女はいるとは思いますが。^_^

 

おそらくドラフトの上位で指名される可能性が高いので、吉田選手の情報もわかってくると思います。

 

スポンサーリンク



吉田大喜(日体大)の経歴や出身高校と身長は?家族や球速と球種も調査のまとめ

今回は、吉田大喜(日体大)の経歴や出身高校と身長は?家族や球速と球種も調査について書いてきました。

 

吉田選手の出身高校は、大阪府立大冠高校で、最高成績は大阪府でベスト4。残念ながら甲子園の出場はありませんでした。

侍ジャパン大学日本代表にも選出されるなど、今年のドラフトで1位指名が確実な森下くん(明治大)と「大学右腕で双璧」とまでいわれるくらいに成長。

間違いなく、各球団で上位指名を狙ってくる可能性が高いですね。