野球

高部瑛斗(国士舘大)の経歴と出身高校や身長は?読み方と家族や彼女も調査

こんにちは、シュウです。

 

いよいよドラフト会議が迫ってきましたね。ちょうどプロ野球志望届けの締切りも終わり、届けがあったのは、高校生から139人・大学生107人で合計246人。

 

その中で、ドラフト1位指名が確実とされているのは

の3人。昨年と違って今年は不作のドラフトと言われていましたが、この3人については例年に比べてかなりレベルが高いのでは?と個人的に思っています。

 

もちろん、この3人以外にも即戦力として期待される選手も多くいます。

今回は、大学球界屈指の安打製造機と言われる高部瑛斗(国士舘大)を紹介したいと思います。

 

それでは、高部瑛斗(国士舘大)の

  • 経歴や出身高校と身長は?
  • 彼女や兄と肩の強さ

を中心に調査してみたいと思います。

<

高部瑛斗(国士舘大)の経歴や出身中学・高校と身長

それでは、簡単に高部選手のwiki風プロフィールを見ていきましょう!

  • 読み方:たかべ あきと
  • 生年月日:1997年12月11日
  • 身長:177cm
  • 体重:70kg
  • 出身地: 埼玉県
  • 出身小学校:岡山市立平福小学校
  • 出身中学校:毛呂山町立毛呂山中学校
  • 出身シニア: 越生ボーイズ
  • 出身高校:東海大甲府高校
  • 投打:右投・左打
  • ポジション:外野手
  • 遠投:105m
  • 50m:5.9秒

 

高部選手は、小学校時代に「鶴ヶ島エンゼルス」で軟式野球を始め、松永浩美さん(元オリックス)の指導により左打ちに転向。

 

おそらく松永さんも、現役時代に足が速くスイチヒッターだったので、高部選手が俊足なことを考慮して左転向を勧めたと思います。

 

中学時代は、硬式を扱う「越生ボーイズ」に所属。

 

東海大甲府に進学後は、2年の秋からレギュラーを獲得し、3年の夏に甲子園に出場。3回戦で清宮幸太郎(日ハム)率いる早稲田実業に敗れる。

 

国士舘大学(東都2部)では、1年の春からベンチ入り。1番センターで全試合に出場。秋からはライトでレギュラーに。3年の春には、センターにポジションが戻ります。

 

東都2部リーグ最多の117安打を放ち、侍ジャパン大学日本代表にも選出された経験があり、大学野球でナンバーワン外野手と呼ばれるまでに成長。

 

スポンサーリンク



 

高部瑛斗(国士舘大)の彼女や家族

高部選手には、弟・晴斗がいます。しかし、高校生の時に中学生だった弟が、急きょたおれ病院に運ばれると、「急性白血病」との診断。

 

厳しい闘病生活に弟からのお願いで「もう一度兄が野球そしているところが見たい・・・」と。

 

なので、野球場にいけない弟が見るためには、高部選手がプロに行ってテレビにでいるしかない・・・

 

そこから、高部選手のハンパない努力が始まり・・・国士舘大学ではプロ注目の選手にまで成長しています。

 

高部選手の彼女についてネットで探しましたが、有力な情報を見つけることができませんでいた。今後わかりましたら追記していきますね。

 

彼女に関しては、これほど有名人で日本代表にも選出されるくらいの実力の持ち主なので、大学ではかなりもてるのではないでしょうか^_^

高部瑛斗(国士舘大)の経歴と出身高校や身長は?読み方と家族や彼女も調査のまとめ

今回は、高部瑛斗(国士舘大)の経歴と出身高校や身長は?読み方と家族や彼女も調査について書いてきました。

 

高部選手の身長は、176cmで出身高校は東海大甲府高校。高校3年の時には甲子園に出場し3回戦で清宮選手(日ハム)がいた早実に敗退。

 

大学では、東都2部リーグで最多安打記録を作るなど、大学ナンバーワン外野手に成長。

 

今秋のドラフトでは、おそらく上位で指名される可能性が高いと個人的には考えています。どの球団に選ばれるか楽しみですね。