野球

【高校野球】シティ信金スタジアムのチケットの入手方法は?料金や開門時間も調査

こんにちは、シュウです。

夏の甲子園を目指す地方大会もいよいよ大詰めですね。続々と甲子園出場を決めた高校が増えてきていますね。

 

今年の地方大会は、波乱続きといわれ甲子園の常連校が早々と負けたりノーシード校に敗れたりといったことが多くありました。

特にセンバツで優勝した東邦が初戦にコールド負けしたのは、全国に衝撃を与えました!

 

また大阪大会は、昨年の大阪桐蔭のように圧倒的な実力を持つ高校はなくいつもどおりの強豪校が勝ち進んでいます。

そして、大阪大会の準決勝・決勝の舞台は例年通り「シティ信金スタジアム」で行われます。

 

なので、シティ信金スタジアムの

  • チケット(入場券)入手方法
  • 料金と開門時間
  • 準決勝・決勝の日程や時間と混雑状況

を中心に調査していきます。

<

【高校野球】シティ信金スタジアムのチケット(入場券)の入手方法

シティ信金スタジアムの入場券は、チケット販売窓口で購入できます。

また、チケット販売窓口は、球場正面の階段を登り、円筒状の建物がチケット売り場です。

【高校野球】シティ信金スタジアムのチケット(入場券)の料金と開門・当日券の発売開始時間

続いて、シティ信金スタジアムの入場料を見ていきましょう!

<入場券の料金>

  • 一般700円
  • 中高生300円
  • 小学生以下は無料
    ※外野は無料。

開門・当日券の券売時間は、同じで試合開始時間の「1時間前」となります。ただし、混雑状況によっては、甲子園のように早まる可能性もあるので注意が必要ですね。

 

また、2年前の夏・大阪大会の準決勝では、開門9時予定でしたが午前7時30分の時点で300人の行列ができました。

なので、安全性のため開門・入場券の販売開始が1時間30分前倒しになりました。

この時のカードが

  • 第1試合:大冠vs上宮
  • 第2試合:大阪桐蔭vs履正社

で第二試合は春の選抜の決勝と同じカードになっていたので混雑がいつも異常だったのではないでしょうか。

大阪大会準決勝が行われるシティ信金スタには午前7時半から長蛇の列ができた(撮影・須藤佳裕)

引用元:サンスポ

 

スポンサーリンク



大阪大会の準決勝・決勝の日程や時間と混雑

 

準決勝からシティ信金スタジアムで開催されます。

【準決勝】7月27日(土) 

  • 10:00 金光大阪vs東海大仰星
  • 12:10 履正社vs近大附

 

【決勝】7月28日(日) 13:00
※雨天順延あり

野球が人気な大阪では、決勝はもちろん準決勝も大変混雑が予想されます。

特に履正社などはファンも多くいるので、登場する試合はかなり早めに球場に到着し待たないと入場することも困難な可能性があります。

まとめ

今回は、【高校野球】シティ信金スタジアムのチケットの入手方法は?料金や開門時間も調査について書いてきました。

シティ信金スタジアムの入場券は、球場の正面階段を登った円筒状の建物で購入することができます。

開門時間は、試合開始の1時間前ですが、混雑の状態によっては甲子園のように早めになることもあります。

今大会のベスト4の高校は、すべて甲子園に出場してもいいと思うくらいの強豪校がそろいましたね。

準決勝・決勝は、激しい戦いになるのは間違いないので注目です!